戦闘スタイルはどのタイプ?4つのパターンで攻略せよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
fithingstyle

アクションゲームをプレイする上で、必ず特徴として戦闘スタイルが現れます。自分の正確がもろに出やすいです。気性が荒い人は暴れまくる。大人しい人は慎重なプレイ。こんな感じで、プレイする人によって様々なパターンがあります。自分のプレイスタイルを把握してみると、色んな事が見えてきます。主に協力プレイで、個性は発揮されます。ここを分かった上でプレイすれば、攻略への近道になるかもしれません。

スポンサーリンク

慎重スタイル

「大人しいパターン」=ライフや物資を気にし、積極的に攻撃しない。

どのゲームにおいても慎重なのは、必須です。焦ってやるとミスをして、ゲームオーバーになる事もあります。

慎重な人に共通するのは、消費する事を気にしすぎている。

アイテムなどを取っておきたいから、積極的に攻撃できない。これによりスコアが伸びなかったり、敵を倒せなかったりします。

あとはゲームをプレイする時間とか。慎重な事も重要ですが、まずは思いっきりゲームを楽しんでみる事が大事だと思います。

慎重スタイルは遠慮がちな行動を取るので、まずは思い切った行動を取れるようにしましょう。そこから慎重になれば、確実に仲間に必要とされるメンバーになります。

特攻スタイル

「暴走パターン」=死ぬ事を気にせず敵に特攻する。

ライフが減ろうがとにかく敵に突っ込み、ゴリ押しで倒そうとする。べえやんは主にこのスタイルです。

一見、フレンドに迷惑がかかりそうな行為です。しかし、仲間のプレイスタイルをチームで把握出来ていれば、ボス戦などで一気に大ダメージを与える事が可能なんです。

ただリスクは大きく、下手すると即座に死亡。仲間への負担が一気に重くなってしまいます・・・

かなり高度な腕を必要とするし、仲間の理解も必要です。協力プレイ時には、仲の良いメンバーだけでやった方がいいと思います。

援護スタイル

「的確パターン」主に仲間の援護。

FPSとか映画で、スナイパーライフルで助けてくれるイメージ。協力モードで頻繁に助けてくれます。ライフを回復してくれたり、物資を分けてくれます。

アイテムを与える余裕があるのはスゴイ事。ちょっと余裕があっても、なかなか行動には移せませんからね。

特殊なスキルで仲間の強化も行なってくれるし、チームには絶対必要な存在です!

悪い所は特になく、一番無難なポジションかもしれません。強いて言えば、自分は倒されないようにする事ぐらいですかね。

援護する人がいなくなったら、仲間がテンパりますからね・・・

おふざけスタイル

「迷惑パターン」常時ふざけているが、ピンチな時だけ強くなる。

これはたまにイラっときます。フレンドなら全く問題はありませんが、野良で参加してきたプレイヤーがふざけていると、邪魔にしかなりません。

ここで重要なのが、社会で必要な「空気を読む」行動。

マッチングした部屋でふざけるのは、場が明るくなるので良いと思います。その場の、ノリに合わせないとただの迷惑行為になります・・・

ゲームでクリアする攻略というよりも、ゲームを「より楽しむ為の攻略」だと思います。

戦闘スタイル4つのパターンまとめ

  • 「大人しいパターン」もっと積極的にプレイする事
  • 「暴走パターン」まずは仲間との打ち合わせが必要
  • 「的確パターン」文句なしの存在!何よりも死なない事が重要
  • 「迷惑パターン」部屋の雰囲気に合わせたノリをする事

協力モードでは、必ず必要となる連携。この連携は4つのパターンで、出来ている事が多いです。もちろん対戦でも重要ですが。

ゲームによっても変わってきますが、それぞれのパターンを把握しておけば、攻略がスムーズに進みます。

違うプレイスタイルで遊ぶのも新鮮ですよ!色んなパターンを習得しておけば、確実に活躍できます。

ゲームが楽しめる範囲で、改めて戦闘スタイルを見なおしてみましょう。
ゲームは何よりも、楽しむ事が一番重要なので♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です