FPS対戦「あるある5選」これを直せば勝てるかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 16
fps2

オンライン対戦で遊んでいる時に、誰もが経験する「あるある」。何故か負けるパターンでの、あるあるが多いんです。昔からよく見られる光景をまとめてみました。ゲーム中はイラッとしますが、振り返ってみると笑える!プレイしている本人は大真面目。傍から見ればただのマヌケ(笑)良く考えてみるとこれが敗北の原因?FPSあるあるを見直せば、対戦でスコアが伸び勝てるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

フラグで自爆

FPSを始めて、誰もが経験する自爆。操作も慣れていない頃は、上手くグレネードを投げる事ができない・・・

そこそこ慣れてる人でもあるかと思います。べえやんも、ちょいちょい自爆します!

よくあるパターンが、屋内からフラグを投げた時に、壁に当たり跳ね返ってくる。パニックになり、素早く避難する事ができず爆死・・・

屋内に篭っている敵を倒す時にも、グレネードが跳ね返って爆死。

もう1つが、グレネードの起爆時間を測り、手に持ち続けて爆死。対戦中は緊張しているので、体内時計が狂っているのかもしれません。

リロード中はただのカモ

敵に遭遇→撃って倒す→リロードする→敵が来る→倒される

リロード中って隙だらけで、狙い目なんですよね!武器切り替えればいいだけじゃん?と思いますが、焦ってできません・・・

これって癖で、弾が一発でも減ってればリロードしちゃうんですよね。

しかしこの癖が盲点だった。上級者のプレイ動画を見ると、すぐにリロードしない!残弾がギリギリになるまで使い、武器を切り替える!

確実に安全な場所じゃないとリロードは危険という事です。

出待ちに遭遇一撃必殺

ゲーム開始や、リスポーン直後に猛ダッシュ!そしてダッシュ中に倒される・・・

ダッシュって素早く移動が出来ますが、無防備になります。上手く切り返しが出来れば問題なし!ですが、そうも上手くいかないんです。

出待ちの恐怖。曲がり角などの、死角に必ず潜んでいます。以前にも紹介しましたが、ダッシュしまくるのは危険です。

死角に近づく前にダッシュはやめて、いつでも撃てる状態にしておきましょう。

狙撃中は背中がお留守

スナイパーは狙撃ポイントが簡単にバレる。いつまでも同じ場所で、狙撃をしていると後ろからサクッ・・・ナイフで倒される。

仲間が周りにいても、リスポーン地点は変わる。徐々に敵は近づいてきます。撃ったら逃げる!違う狙撃ポイントへ移動する!

スナイパーだけじゃなく、同じ場所に篭るのは危険!必ず敵はやってきます。クレイモアとかの罠を仕掛けるのも有効ですが、長居は禁物です!

弾が当たらずピョンピョン跳ねる

急に敵に出くわした時に、見る光景。

お互いに銃を乱射するので、弾は当たらず弾切れに。急いでリロードをするが、無防備状態になる。

この時必死に攻撃を避けようとして、ジャンプを連打!遠めから見たら遊んでいるように見えます。

この時の対処法は、一か八か接近攻撃!ナイフやパンチで突っ込みましょう。これなら倒されても納得いきます。

ジャンプ中に倒されると、何ともいえない悲しみがこみ上げてきます。どうせ倒されるなら、守るより攻撃をしかけましょう!

「あるある5選まとめ」全てが盲点だった

5つのあるあるは全てが敗北の原因でした。全部完璧に、こなす事は難しいです。しかし、少しずつでも見直していけば、勝率は上がっていきます!

  • フラグは広い場所で投げる
  • すぐにリロードはせず武器を切り替える
  • 死角の近くはダッシュ禁止
  • 同じ場所に長居は禁物
  • 守るよりも攻撃をしかける

この5つに共通するのは「焦り」。対戦中の焦りは、敗北に直結します。

いかに冷静に対処するかが、攻略の鍵。まずは落ち着いて、プレイする事を心がければ、自然とスコアは伸び勝率が上がってくると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です