面白さは健在!「ギアーズ・オブ・ウォー4」ホード3.0をプレイした雑なレビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 16
03

まだキャンペーンをクリアしていませんが、誘惑に負けてホードをプレイ。フレンドと野良で遊んでみましたが、期待通りの面白さ!「ホード3.0」をプレイして、良かった事や悪い事など。雑なレビューとなりますので、過度な期待はせずに御覧ください。

発売日に1時間プレイした感想!「ギアーズ・オブ・ウォー4」日本語字幕とか操作感とか

スポンサーリンク

マッチングは良好

ホードを何回か野良でプレイしてみましたが、マッチングは良好。ロード時間が少し長いものの、プレイヤーはすぐに集まります。

「ギアーズ・オブ・ウォー4」では、日本語版の発売がなく、これのおかげでサーバーが隔離されていません。

世界中のプレイヤーとマッチングする事ができるので、当分過疎の心配もいらないと思います。

肝心の通信状態も安定しています。まだ数回しかプレイしていませんが、全て「ラグ」を感じる事なくプレイする事ができました。

たまたま通信が安定していただけかもしれないので、「ラグ」が完全にないとは言い切れません。

難易度がやはり高い

「ギアーズ・オブ・ウォー4」が届いてからまず、ストーリーをプレイしました。

難易度は「ノーマル」です。ノーマルだとあまり苦戦せずにクリアできる難易度ですが、「ギアーズ・オブ・ウォー4」では少し高めに設定してある気がします。

体感的には、ノーマルでもハードよりの難易度。これはホードでも同じで、少し難易度が高く感じます。

試しに「ハード」でホードをプレイしてみたところ、やはり敵が強いしすぐ画面が真っ赤に。最高難易度「インセイン」でクリアするのは、かなり時間がかかりそうな気がします。

でもこの難しさがギアーズ4を、更に面白くしているんだと思いました。難しい方が、やりごたえがありますからね。

マップが選べない

数回野良でマッチングしてみましたが、「マップ」の選択が出来ませんでした。プライベートでは好きなマップを選ぶ事ができます。

ギアーズ3の時は、ホード開始前にマップの投票がありました。いくつかランダムで選ばれその中で投票するといった感じでした、

本作では完全にランダムになったのか、プレイヤーが揃うとマップが決められている状態です。

また注視してみますが、もしかしたらマップの選択方法があるのかもしれません。

パワー共有になって「良い点」と「悪い点」

ギアーズ3でいう「キャッシュ」が、本作では「パワー」となっています。

このパワーは、防衛設備を設置や強化をするのに必要となっています。パワーは、敵を倒すとドロップします。

ギアーズ3では、自分が敵を倒した分キャッシュをもらう事ができました。本作ではこれが全て共有となっています。

パワーが共有になった事により、プレイヤー全員が平等に防衛設備を設置する事が可能になった。これが良いと思う点です。

しかし逆に悪い点では、「パワー」が使い放題になってしまった事です。ホードではパワーを貯めておかないと、後半のウェーブで苦戦する事になります。

初めてやる人や攻略法を知らない方は、序盤でパワーを使ってしまいがち。

ここで保険としてパワーを貯めておきたいなら、「ファブリケーター」に近づかない事です。

ファブリケーターに近づかなければ、自分で所持したまま貯める事ができます。

クレジットを効率良く貯める方法

「ギア パック」の購入に必要なクレジット。これがけっこう貯まりにくいんですよね。

クレジットを効率よく貯めたいなら、ホードを続けてプレイする事。途中でやめるとスコアが伸びないので、クレジットが少なくなります。
%ef%bc%90%ef%bc%90
また「バウンティー カード」を使う事で、ボーナス クレジットを獲得する事ができます。「バウンティー カード」は、「オペレーション パック」や「HORDE ブースター」で入手する事ができます。

「ギア パック」はいくつか種類がありますが、オススメは”エリート パック”です。エリート パックは、3500クレジットと少し高いですが、必ずレアカードが1枚入っています。

レアなキャラやスキンを確実にゲットしたいなら、安いパックを買うより「エリート パック」がおすすめです。

Xbox Oneだけでプレイできる 「独占タイトル」まとめ13タイトル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です