ハードコアゲーマーも苦戦?最近のゲームが難しすぎる・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17
01

最近のゲームって、めちゃくちゃ難しい。隠し要素が多すぎて、1人で見つける事ができない。昔のゲームだと、大体は自分1人で攻略できた。キャンペーンやストーリーを、自力でクリアするのが精一杯だ。なんで最近のゲームは、こんなに難易度が高いのか?ゲーマーでも苦戦する、「激難」な要素。攻略サイトに頼っては、ハードコアゲーマーになる事はできないのか。

スポンサーリンク

ゲーム全体のボリュームがかなり増えた

昔のゲームはクリアするだけなら、数時間で可能だった。

昔のゲームと今のゲームを比べると、コンテンツが増えボリュームが一気に上がっている。

値段も高くなっているし、ボリュームが増えるのは当然。ゲーマーはより楽しむ事ができるし、ハイクオリティなゲームを体感する事ができる。

ゲームの質が上がる事により、プレイ時間も増える。プレイ時間が増えると、攻略にかかる時間も増えるんですよね。

ネットが普及した事により攻略サイトが増えた

昔ってネットで攻略を調べる事が、ほとんど出来なかったんですよね。

パソコンがある家も少ないし、学校や図書館にあっても調べ方が分からない。今はスマホも普及して、簡単に物事を調べる事ができるようになった。

攻略サイトが、またスゴイ!何でも書いてあって、分からない事がほぼ100%の確立で解決するんですよね。

特に、隠し要素がスゴすぎ。絶対に分からないような事も書いてあるし、知りもしなかった事もある。

攻略本の出番はなし!最近攻略本すら、見かけなくなった。

昔の攻略情報は知る人ぞ知る「広技苑」

懐かしいです。今から20年前とか?

昔は友達との情報共有に攻略本、これに最強の「広技苑」だった。広技苑は攻略というより、裏ワザに特化した本だった。

開発者が意図的に、バグのような物を仕込む。で、「裏ワザ」という物が存在するようになった。

この裏ワザも、攻略本だけでは分からなかった。昔「広技苑」は、最強のゲーム本だったんですよね。

現代のゲーム攻略は「Wikipedia」

ゲームの攻略に行き詰った時、まず始めに見るのが「Wikipedia」。

ゲームの事だけではなく、知りたい事全般でWikiを活用する。今は分からない事があったら、すぐに「Wikipedia」。ちょっとした、社会現象になってます。

分からない事があると、すぐにネットを使う。悪い事ではないのですが、頭を使わなくなるらしい。

ゲームでも分からなかったら、すぐにWikipediaに頼る。これだと簡単にクリアできるし、達成感も薄くなってしまう。

ゲームの攻略法は人、それぞれ。自分に合った一番の、攻略法を見つける事が大事だと思う。

攻略サイトを見ない人が「真のハードコアゲーマー」?

これは、少し難しいですね!自分の力で、全てを攻略する。これも立派な、ハードコアゲーマーだと思います。

でも攻略サイトを見たからって、下手とかゲーマーじゃないなんて事はない。

ゲームが上手い人や、もの凄いプレイ時間の人が、ゲーマーだと言われる。これも間違いないと思いますが・・・

べえやんの考えでは、ゲームを心の底から楽しめている人こそ、ハードコアゲーマーだと思います。

これは自分や他人が、決めるのは難しい。自分でハードコアゲーマーだと、決めればいいと思う。

攻略サイトに頼っても思う存分楽しめた人こそが、”真のハードコアゲーマーだ”。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です