[初心者講座]強い武器に頼りすぎるな!あまり使わない方がいい理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 16
ayosinsya-1

ゲームをやっていて、強い武器が出るとテンションが上がりますよね!なかなか倒せないボスも、これさえあれば楽勝!最初はそう思いますが、強い武器ばかりに頼るのも、良い事ばかりではないんです。多くのゲームをプレイしているなら、必ず一度は実感しているはず。強い代わりに、色々と問題があるんですよね。主に銃が登場する武器での内容です。でもスキルを磨く上で、多くのゲームでは必要になると思います。

スポンサーリンク

昔のゲームには一撃必殺の威力があった

今のゲームに比べると昔のゲームには、ボスを一撃で倒せる武器があった。

例えば、バイオハザードの「ロケットランチャー」。

ほとんどの敵を一撃で倒す事ができたので、これさえあれば他の武器は不要になる。

バイオハザード:リベレーション2でも、ロケットランチャーは登場する。しかし昔と違って、ボスを一撃で倒す事ができない。

これでもか!というぐらい撃ち込まないと倒す事ができないんです。

最近のゲームに一撃必殺の武器が登場しないのは?

バイオで一撃必殺だったロケランも、最近の作品ではそうではない。

ゲーム性のクオリティーアップと、よりプレイを楽しむ為に採用してないのではと思います。

一撃で倒せる武器を実装したら、そればかり使いゲームは簡単になる。それに加え飽きやすくなる可能性もあり、すぐに違うゲームへ乗り換えてしまう。

あまり見かけなくなった一撃必殺の武器は、ゲームをより楽しむ為に少なくなったのだと思います。

強い武器が頻繁に登場すれば、ゲームの攻略も簡単になり、やり込み要素が減っちゃいますからね。

強い武器に頼りすぎるとスキルが育ちにくい

どのゲームでも言える事ですが、強い武器を乱用する事でプレイヤーの腕が上達しません。

全く腕が上がらないという訳ではなく、確実に成長が遅くなります。

もちろん使うなと言う事ではないです。しかし、強い武器ばかり使っていると、その武器に慣れてしまいクセがつく。

このクセのせいで、他の武器を使った時にうまく立ちまわる事が出来なくなります。

強い武器がない場合に戦力が、ガクッと落ちてしまいます。

一撃が強い武器ばかり使う人によく見られる事

ある程度まで慣れていないプレイヤーによく見られるのが、強い武器がないと「戦力外」になる。

他の武器でも性能を発揮すれば、かなり強い。しかし一撃のダメージばかりに執着しすぎると、いざなくなった時にテンパるんですよね。

慣れていないゲームで、強い武器を使って敵を倒す。当たり前の事ですが、こればかり使うと後々苦労する事になるんですよね。

Codの対戦の時にロケランばかり撃つ人は、他の銃で敵を倒す事がなかなかできませんからね。

強い半面痛すぎる落とし穴もある

一撃が強い武器はとても魅力的です。しかし使用どころを間違えれば一発でアウト。苦境に追いやられます。

強い武器に多く見られる共通点は、「取り回しが悪い」。

隙が多く発生してしまう。これが分かっているんですが、難しい。装弾する時間やチャージする時間が長く、連続で使用する事はできない。

ここでモタモタしてて、敵にやられる。大事な場面で使わないと、本当の威力が発揮できないんですよね。

他にも使い方次第では、めちゃくちゃ強くなる武器もある。この武器の素晴らしさを、知る事ができなくなってしまいます。

一撃必殺の武器を使う時は「ここぞ」って時!

まずロケランなどの武器の考えを、「最終兵器」として考える事。これは戦略でもあります。

めちゃくちゃ強いボス戦の時まで、我慢して取っておく。使いきってしまったらピンチの時に、打開できなくなってしまいます。

プレイに慣れている人や、上級者のゲーマーはあまり強い武器を使いません。ちゃんと使うポイントを、見極めているんです。

これをミスると、せっかく頑張って進めたのにゲームオーバーになる事も・・・良く考えてから使用する事をおすすめします。

一撃必殺を初心者はあまり使わない方がいい理由まとめ

  • 一撃必殺の武器意外を上手く使う事ができなくなる
  • 他の武器の魅力を知る事ができない
  • プレイヤースキルが上がりにくくなる

一撃必殺の武器には、魅力があります。これと同じように、他の武器にも、底知れぬ素晴らしさがちゃんとあるんです。

ただ単にゲームを楽しむだけなら、問題はないと思います。しかし、今後ゲームの腕を上げたいなら、一撃のダメージに頼っていてばかりではダメです。

オンラインで多くの人と遊ぶ機会があるなら、スキルを上げる事が必須になってくるので。

1つの武器なかり使わずに、多くの武器を使ってみましょう。確実にスキルアップしますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です