海外版のゲームをプレイした時の「3つのメリット」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
01

最近日本のゲームをプレイするより、洋ゲーばかりプレイしている。最近は洋ゲーでも、日本版が多く発売されている。おかげで日本語字幕や、吹き替えがあるので安心して、プレイする事ができる。でもあえて、海外版をプレイする人も多いんです。これには、ある「3つのメリット」が関係していると思います。

スポンサーリンク

洋ゲーが日本語版で発売されない理由

発売されているゲームを見ていると、海外版しかないゲームがある。

めっちゃ面白そうなのに、日本版はない。けっこう魅力のあるタイトルが、多いんですよね。

日本語版が発売されない理由はいくつかある

  • 激しすぎるグロテスクな表現
  • 日本に合わないゲーム
  • 日本で売れないゲーム
  • 倫理的にアウトな内容

主に上記の事が理由で、販売されないかと。

共通しているのが、「日本では過激すぎるゲーム」だと思う。

PAYDAYは、銀行強盗のゲーム。Mortal Kombatは、人間がグチャグチャになる。過保護な日本では、絶対に発売されませんよね。

でも「トランスフォーマー」とか「レゴ」は、日本でも人気があるのに発売されませんよね。中には発売されているタイトルもあるが、まばらです。

でも海外版で遊ぶと、意外なメリットがいくつかあるんです!

言語が英語だから勉強になる

海外版のゲームは、ほとんどが英語。字幕、音声、メニューなど全てが英語。

簡単な英語でも知っていないと、プレイは難しい。でも、かなり勉強になるんです。

分からない英語を調べて、意味を知る。ゲーム内での行動も英語なので、遊びながら英語を勉強する事ができるんです。

簡単な単語も多いので、プレイに全く問題はないです。難と言えば、ストーリーが分かりづらい事です・・・

オリジナル(原作)の世界観を楽しめる

洋ゲーの海外版は、日本で発売する為の修正がされていない。

主な修正は、表現と言語。重要なシーンをカットする事もある。

GTA5のストーリーモードの演出では、”拷問シーン”がカットされていた。

もともと倫理的にも、アウトなゲームです。さすがに拷問はヤバかったのか。

海外版では、修正が一切されていない。原作でしか味わえない、世界観を楽しむ事ができるんです。

修正なしでグロ表現のままプレイできる

海外版を買う理由として、一番多いのが「グロ表現」です。

攻撃した時にグロ表現がないと、迫力が半減してしまう。

日本語版で販売される時に、必ず表現の規制が入る。グロテスクな描写が、削除されてしまうんです。

人間の部位欠損は、日本で一番ダメなヤツです。プレデターとエイリアンのゲームが日本で販売されないのは、これが1つの理由だと思われます。

プレデターのリストブレードで、切り裂かれる。エイリアンのインナーマウスでグチャグチャにされる。

普通に考えれば、海外でも過激な表現だと思うんですけどね。

海外版のゲームをプレイした時の「3つのメリット」まとめ

  • ゲームを楽しみながら英語の勉強ができる
  • 原作だけの世界観を味わう事ができる
  • 表現規制なしでプレイする事ができる

ハードコアゲーマーは、好んで海外版を購入する事が多い。

もっと「リアル」にゲームを楽しみたいのなら、海外版がおすすめ。

海外版ゲームのオマケ

少し前の話です。海外版のゲームは、日本版より安く購入する事ができたんですよね。

たくさんゲームを買う人や、少しでも費用を抑えたい人も、海外版を購入していました。

あと発売日は、海外版の方が早いときが多いです。

新作の発売日まで待てない人は、一足早くプレイできる。これらも、海外版を選ぶ理由だと考えられます。

海外版でも楽しむ事は可能ですが、英語のスキルが少しでもないと難しいです(笑)

今は攻略サイトでも、日本語訳で解説している。攻略サイトや翻訳サイトを利用すれば、難なくプレイする事が出来ますよ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です