ダースベイダー怖すぎ!「スターウォーズバトルフロント」が超盛り上がってる訳とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 16
01

スターウォーズは、誰もが知る最強のSF映画。新作では、エピソード7にあたる「フォースの覚醒」が公開を控えている。これに合わせバトルフロントの発売も近づき、ベータが配信された。ゲーム自体あまり日本では、話題となっていなかったが、急に話題が沸騰したんです。

スポンサーリンク

新作の発表後に影が薄くなっていた

毎日多くのゲーム情報が公開される。バトルフロントは発表時に、お祭り騒ぎになる程の反響があった。

その後少しずつ新着情報は公開されるが、他のゲームに押され影が薄くなっている印象がある。存在はかなり大きいけど、隠れてるから「ステルス」状態だった。

メタルギアなど、注目されているゲームも多く、完全に隅に追いやられていた。

べえやんもバトルフロントを忘れていて、最近予約しました。

ベータが配信され急に注目され始める!

ベータは体験版のようなもの。配信期間は、10月8日~10月12日と少し短い気もするが、一度でバトルフロントの魅力が分かった。

配信内容

「ウォーカー・アサルト」
最大40人参加できる、大規模な対戦。YウイングやAT-ATなどマシンも登場し、映画さながらの迫力を体感できる。”ヒーロー”が登場し、ダースベイダーやルークを操作する事ができる。

「ドロップ・ゾーン」
8対8の対戦。対戦モードでよくあるようなもの。地上に脱出ポッドが落ちてくるので、それを確保するゲームモード。意外とシビアで、緊張感があるプレイ。

「サバイバルミッション」
協力プレイ。フレンドと2人で、プレイする事が可能。名前の通り、帝国軍がわんさか襲ってくるので、敵を倒しつつ生き延びるモード。

個人的には、やはり「ウォーカー・アサルト」が面白かった。大人数でのプレイはめちゃくちゃテンションが上がるし、とにかくヒーローが怖かった・・・

影が薄かったのに「超盛り上がってる訳とは?」

一気に盛り上がりを見せたのは、「ダースベイダー」のおかげなんですね。

ベータが配信された事により、試しにやってみる人が増えた。その面白さから、ネット上で話題となり注目された。

ここで目玉となっていたのが、「ベイダー卿」。映画でもゲームでも、やはり存在が大きかった。

映画を見た事がなくても分かる、ダースベイダー。そんな彼が大暴れするんです・・・

ゲームではベイダー卿の恐怖を実感できる

ベータでの、「ウォーカー・アサルト」に登場する。

特定のスキルをセットし、アイテムを一定数集めると、ヒーローでプレイできる。

ベータでは、ダースベイダーとルークが出てきた。映画でもハンパない強さを誇るが、ゲームではかなりの脅威。

ダースベイダーがとにかく怖すぎる!ゲーム内では、ルークも同じくらいの脅威だがベイダー卿のが上。

なんというか威圧感がハンパなく、戦場に出てくるとパニックになる・・・

ヒーローが出ても慌てるな!攻略法がある!

ヒーローが登場した場合に、必ず戦場はパニックになる。さっさと倒す事が出来なければ、戦いはどんどん不利になる。

ヒーローの弱点は無防備の「背中」。ヒーロー同士を対峙させた方が良いが、そんなに簡単にはいかない。

ここで兵士が一丸となり、ベイダー卿をフルボッコにする。固まって、同じ方向から攻撃してはダメ。

円のように広がって、一斉に攻撃する。べえやんは、10人ぐらいで囲んでベイダー卿を倒しました。

1人だと恐怖でしかないが、大勢いれば安心する。

数は力なり。大勢で円を囲み、背中を攻撃すれば意外とあっさり倒す事ができた。

それでも油断していると、瞬殺されるので慎重なプレイが必要です。

映画公開も楽しみな「STAR WARS バトルフロント」の新着情報をお届け!

PS4

Xbox One

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です