PS VRが欲しくなる!「VR向け注目タイトル」を2つ紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
2

東京ゲームショウ2016でも目玉の1つだった、「PS VR」。VR向けのタイトルが多く出展され、段々とVRの魅力が分かってきました。その中でも特に注目され、べえやんが気になるタイトルを2つピックアップしてみました。どちらもPS VRが欲しくなるタイトルです。

速攻売り切れ!「PlayStation VR」ネット予約が困難な状況に・・・

スポンサーリンク

FPS「Farpoint」

01
E3 2016で出展され話題を呼んだ「Farpoint」。未知の惑星を探索するFPSで、虫のような形をした生物が登場します。

舞台は映画に出てくるような、岩場が特徴的なマップ。虫のような敵は数種類登場し、ボス級の敵では「地球防衛軍」の敵を想像させる大きさのもの登場する。

現時点でストーリーや物語などは、一切不明。敵を倒しながら進んでいくシンプルなFPSという事だけ分かっています。

VR向けタイトルのFPSでは、酔い帽子の為にレールに沿って移動するものがある。しかし本作はレール移動ではなく、プレイヤーの自由に移動する事が可能なんです。

銃型コントローラーで臨場感アップ!!

02
Farpointでは、ガンコンの「PlayStation VR Aim Controller」を使う事ができます。

この「VR Aim Controller」は、DUALSHOCK 4のボタンやスティックが配置されており、これ1本でFPSをプレイする事ができます。

アナログスティックで移動し、トリガーも付いているのでVRの没入感が高くなります。

VR向けのタイトルでFPSをプレイするなら、「PlayStation VR Aim Controller」を使った方がよりリアルに楽しむ事ができると思います。

ホラー「Here They Lie」

03
お次のタイトルは、一人称視点のホラーゲーム「Here They Lie」。PS VRでしか体験できないミステリアスなホラーゲームです。

公開されているトレーラーや画像は、とにかく不気味で気持ちが悪い。

画面はモノクロ調で薄暗く、寒気を感じそうな街並み。まるで悪夢を見ているかのような体験が始まる。

血のような真っ赤に染まった水路。誰もいないはずなのに、不気味な人影が忍び寄る。

プレイヤーは懐中電灯を手に持ち、不気味な街を探索する事になる。

VRにピッタリな一人称ホラー

04
この街には、身の毛もよだつような不気味な生物が存在している。一見人間のように見えるが、動物のマスクのような物を被っており狂気じみている。

また進行中に地形が変化する事があり、今までなかった道が目前に出現する事がある。

急に新たな道が出現したり、行き止まりになったり。マップを把握していたとしても変化するので、安全地帯がなくなってしまう。全く知らない場所になるから、新たに恐怖が生まれます。

残念ながら、こちらも現時点でストーリーなどの詳細は不明です。

PS VRが欲しくなる2つのタイトル!!

FPSの「Farpoint」と、ホラーゲームの「Here They Lie」。

どちらもVRにピッタリのタイトルで、PS VRが欲しくなるゲームソフトです。

この他にも魅力的なタイトルは多く発表されており、続々と発売される予定です。

PS VRの発売日は、2016年10月13日。「Farpoint」は、2016年10月13日に発売予定。「Here They Lie」は、2016年の秋に発売予定です。

PS4を買う前にチェックしよう!PS4で使えない「痛い機能」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です