これこそ”宝の持ち腐れ”「デビルズサード」が全く売れていないぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

発表当時から気になっていた、「デビルズサード」。久しぶりに見てみたら、かなり酷い事になっている。面白そうなゲームなのに、問題が色々とあるようです。

スポンサーリンク

北米で売れたの「3000本」だけ・・・

2
「デビルズサード」は、2015年8月4日に発売された「Wii U」専用のソフト。

開発者の「板垣伴信」さんも、相当自信があったそう。当初は、「500万本売れる」と豪語していたそうです。

しかし発売日の初週では、ランキング圏外に・・・正確な売上本数は不明で、1000本も売れていなかったとか。

アメリカで、2015年12月11日に発売されたが、たった3000本しか売れなかった。

ちょっと売れなさすぎですよね・・・

「THQ」から任天堂が販売権を取得した

「セインツロウ」や、「ダークサイダーズ」の開発で有名な、「THQ」。経営不振により、倒産してしまった。

もともとは、PS3とXbox360向けで販売予定だった。任天堂が販売権を取得した事により、Wii U専用ソフトとして発売された。

「uDraw GameTablet」で失敗して、倒産したみたいです・・・Wii用タブレットとしては、けっこう売れたそう。PS3とXbox360で発売したら、全く売れずに在庫を大量にかかえて赤字に・・・

けっこう面白いゲームを、作ってた会社なのに残念です。

「デビルズサード」は普通に楽しめそうなゲーム

4
全く売れていないから、つまらないゲームの印象が付きそう。しかし、けっこう面白そうなゲームなんですよね。

「デビルズサード」は、日本風でもあり、洋風でもあるTPS。銃撃に加え、刀やナイフなどの近接攻撃が特徴的なゲーム。

ストーリーは、テロリストに”元テロリスト”が立ち向かう物語で、評価は良い。

マルチプレイでは、自分の好きなキャラを作成し、カスタムする事が可能。定番である対戦モードはもちろん、魅力的なルールの物が多い。

また本作での特徴的な「RUNEシステム」は、操作の切り替えを、シームレスに行なう事ができる。これにより、ありがちなTPSが劇的に変化するとの事だ。

「デビルズサード」はどうしてこんな事になった?

3
北米での売上が3000本で、日本でもあまり売れていない。売れない原因は、いくつかる。

■買える場所が少ない
デビルズサードは、Wii U専用タイトル。パッケージ版はAmazon限定。DL版は、Amazonとニンテンドーeショップのみ販売。

■ゲームの宣伝をしなかった
宣伝が全くされず、認知度が低い。メディア向けのレビュー用のソフトも配布されなかった。

■Wii U向けのゲームではない
主人公は刺青だらけで、派手なアクションに刺激が強い描写。CERO:Dで17歳以上対象。

ネット上では叩かれまくっていますが、みんなが言う事に納得できる。

PC版「デビルズサード オンライン」が配信予定だが

デビルズサードの開発は、2012年の時に「35億円」も、かかっていたそう。ヤバすぎですね・・・

Wii U専用にしないで、PS4とXboxOneで発売すればもっと売れたのは間違いないと思う。

今後PC版の、「デビルズサード オンライン」が配信される。オンライン対戦のみで、ストーリーは実装されない。

なぜPCで・・・普通に考えたら絶対PS4とXboxOneだと思うが?まぁ任天堂だから仕方ない。

動画や公式サイトで見る限り、「デビルズサード」はめちゃくちゃ面白そう!

買える場所も少ないし、Wii U限定。間違いなく大人の事情があるとは思うが、”宝の持ち腐れ”だと思った。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です