ゲームの歴史に触れてみない?「あそぶ!ゲーム展」ステージ2の見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
01

去年開催された、ゲームの歴史を探訪する「あそぶ!ゲーム展」。第二弾が開催されるという事で、ゲーマーには外出のいいチャンス。今度はどんな物が展示されるのか?ステージ2の見どころに迫ってみました。

たまには外出してみない?「あそぶ! ゲーム展」でのんびり休息を♪

スポンサーリンク

「あそぶ!ゲーム展」のイベント内容

去年開催された「あそぶ!ゲーム展」は、ステージ1。記念すべき一発目のイベントのテーマは、ステージ1「デジタルゲームの夜明け」。

ゲームの誕生から多様化される、1982年までのデジタルゲームにフォーカスした内容でした。

世界的に貴重なゲームが展示され実際に触ってプレイする事が可能。ゲームが動く仕組みを詳しく解説するコーナーも。

ゲームの歴史を遊んで学ぶ事ができる、ゲーム好きにはもってこいのイベントです。

ステージ2「ゲームセンターVSファミコン」

今年も開催が決定した「あそぶ!ゲーム展」。ステージ2では、かなり興味深い、「ゲームセンターVSファミコン」という内容だ。

この「ゲームセンターVSファミコン」では、1983年から1990年までのデジタルゲームに焦点を当てている。

この時代に黄金期を迎えるゲームセンター(アーケードゲーム)と、ファミコンが代表となる家庭用の各ゲーム機。家庭用ゲーム機に対抗すべく現れた、大型で体感型のアーケードゲームなど。

この時代に生まれたゲームの数々を展示し、開発者のインタビューなど詳しく知る事ができます。

「ゲームセンターVSファミコン」イベント内容

「ゲームセンターVSファミコン」では、ゲームセンターと家庭用ゲーム機に、注目したイベントになっている。

イベント内容

  • 1983年~1990年までの人気だったアーケードゲーム
  • シューティングゲームの金字塔「ゼビウス」
  • 家庭用ゲーム機の歴史を変えた「ファミリーコンピュータ」
  • ゲームセンターに革命を起こした「セガ 体感型ゲーム」
  • 80年代のゲーム音楽を徹底解説
  • 展覧会のメインは「ディグダグ」「ゼビウス」

全部興味深いですが、一番気になるのはやっぱり「ファミコン」ですね。

「あそぶ!ゲーム展」ステージ2の見どころ

「あそぶ!ゲーム展」ステージ2のメインビジュアルは、「ディグダグ」「ゼビウス」。

しかし一番注目を集めそうなのが、任天堂の「ファミリーコンピュータ」ですよね!家庭用ゲーム機の歴史を変え、ゲーマーでなくても多くの人が知っているファミコン。これは必ず見ておきたいです。

もう1つは、「セガ 体感ゲーム」。体感ゲームは、シューティングの「ハウス・オブ・ザ・デッド」とか、「頭文字D」とかのレースゲームとか、体を使って遊ぶやつですね。昔はゲーセンに行けば、必ずと言っていいほどやってたし人気があったゲームだった。

見どころはやはり「ファミコン」と「セガ 体験ゲーム」でしょうね。

「あそぶ!ゲーム展」ステージ2 概要

開催場所は、”SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム”

開催日程 2016年9月10日(土)~2017年3月12日(日)
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
      ※11月14日(月)は特別開館
      ※12月29日(木)~1月3日(火)は年末年始休館
入場料金 大人510円、子供250円 常設展も利用可能

ゲームの歴史を遊んで学ぶ事が出来る、「あそぶ!ゲーム展」。

貴重なゲームを実際に触って遊ぶ事ができるので、外出にはおすすめのスポットです。

「あそぶ!ゲーム展」公式サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です