Googleが発表した「2015年の検索ランキング」にあのゲームがランクイン!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

Googleが年末に発表する、1年で最も検索されたワード。これがなかなか面白くて、しかも予想外な結果が出ています。「えっ!?あのゲームが!」。驚きました(笑)

スポンサーリンク

Year in Search: 検索で振り返る 2015

Googleで公開された、2015年で多く検索されたキーワード。流行語大賞とかより、こっちの方が見ていて遥かに面白い。

今年の流行語大賞は、つまらないというより、全く知らない言葉が多かった。流行する前に使ってないけど?来年からもうやめた方がいいですね!

「Year in Search: 検索で振り返る 2015」は、めちゃくちゃ面白い!ちゃんと1年を振り返る事ができるし、思わずうなずいてしまう。

「急上昇ワード」と「総合ランキング」の2つがある。ニュースとか人物でも分けられている。

総合ランキングでは、あのゲームがランクイン!

総合ランキング第一位は「YouTube」

やはりって感じですね!仕事中は基本、YouTubeで音楽聞きながら作業しますからね~。

総合ランキング

  • 1位「YouTube」
  • 2位「Yahoo」
  • 3位「天気予報」
  • 4位「楽天」
  • 5位「amazon」
  • 6位「Facebook」
  • 7位「ニュース」
  • 8位「モンスト」
  • 9位「パズドラ」
  • 10位「ヤフオク」

総合ランキングでは、スマホゲームの「モンスト」と「パズドラ」が!

この2つは、本当に強いゲームですね。パズドラなんて、2012年に配信されたゲームですからね。

急上昇ワードには「スプラトゥーン」がランクイン!

スプラトゥーンの勢いが、ハンパなかったですね!べえやんのフレンドも、「スプラトゥーンはマジで面白い」って言ってましたからね。Wii U持ってないから出来ませんが・・・

急上昇ワード

  • 1位「イスラム国」
  • 2位「台風」
  • 3位「ラグビー」
  • 4位「マイナンバー」
  • 5位「後藤健二」
  • 6位「川島なお美」
  • 7位「北斗晶」
  • 8位「スプラトゥーン」
  • 9位「windows10」
  • 10位「iphone6s」

テレビゲームは、まだ勢いが残っている!来年はソシャゲー並に、もっと盛り上がってほしいです!

アメリカで「最も検索されたビデオゲーム」が意外な結果に

アメリカでは、「ビデオゲーム」のランキングが発表されている。

  • 1位「Agar.io」
  • 2位「Fallout 4」
  • 3位「Mortal Kombat X」
  • 4位「Call of Duty: Black Ops III」
  • 5位「Star Wars Battlefront」
  • 6位「Pokemon GO」
  • 7位「Madden 16」
  • 8位「NBA 2K16」
  • 9位「Bloodborne」
  • 10位「Battlefield Hardline」

1位の「Agar.io」。初めて見たゲームで、細胞捕食ゲームとの事。他のプレイヤーを食べて、自分を大きくするシンプルなアクションゲーム。

意外な結果というより、そもそも知らないゲームという・・・

来年は、日本でもゲームの検索結果を発表してほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です