どんなゲーム?「スプラトゥーン」が秒殺で分かる3つのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
spratoon-3

発売前から超話題になっていた「スプラトゥーン」。2014年5月28日に発売され、世界での販売本数は100万本を超えています。テレビのCMでも放送され、話題度はMAXに。今日は「スプラトゥーン」が気になっている方の為に、どんなゲームなのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

マップをインクで塗りまくるゲーム

spratoon-5

このゲームの目的は、とにかく「インク」を塗りまくる事!

ゲームモードは3種類ある。(アップデートで続々増える予定)

  1. 「ナワバリバトル」オンライン対戦。
  2. 「ヒーローモード」オフライン専用、1人用のストーリーモード。
  3. 「バトルドージョー」オフライン専用、2人用の対戦モード

1.ナワバリバトルでは、最大8人参加型の対戦モード。いかにインクを濡れるかで勝敗が決まる。

2.ヒーローモードでは、「オクタリアン」なる悪の組織を倒す、本格的なシューティングゲーム。

3.バトルドージョーは対戦だがオンラインとは違い、マップ内の風船を多く割った方が勝利のシンプルな対戦。

ストレスが溜まらずむしろリフレッシュできるゲーム

どのゲームでも対戦をやると、ストレスが溜まる事があります。リフレッシュのつもりでやっても逆効果に。

でもスプラトゥーンならそんな事ないかも?対戦で負けてもそんなに、ストレスは溜まらずむしろかなり楽しめるゲームです。

spratoon-1

この理由としては、キャラクターがカワイイから!さすが任天堂だけあり、キャラを作るのが上手です。カワイイキャラに倒されるので、あまりイラっとしません。

「ブキ」では銃で派手に撃ち塗りまくる。ローラーでは突撃し敵をふっ飛ばし塗りまくる。

ムカつくレベルは人によって変わります。でもスプラトゥーンなら他のゲームよりマシ。

スポーツのような感覚で戦うので、殺し合い対戦とは違って「競技」のようなもの。平和的な対戦です。

誰でも簡単に楽しめるシンプルなゲーム

近年のゲームでは、珍しいとてもシンプルなゲームです。

次世代機では性能がグンと向上している。それに伴い複雑なシステムや、操作性になってしまっている。

しかし「スプラトゥーン」は、シンプルの象徴とも言えるべきゲーム。

操作性は簡単で、アクションゲームが苦手な人にも楽しむ事ができる。

対戦での目的は、「インク」を塗りまくる事。ヒーローモードでは、敵を倒しまくる事。何をするかもシンプルです。

amiibo

シンプルの中にも、キャラクターと武器のカスタマイズもある。アミーボにも対応しているので、遊びの幅が広がる。

シンプルながら独特なゲーム性があり、任天堂の新たな看板ゲームになると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です