PS4で昭和のゲームができる!「ホットライン マイアミ」のレトロ感が凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17
hotlinemiami-1

古き良き時代を思い出す事ができるゲーム。「ホットライン マイアミ」は最近発売されたゲームですが、どこか懐かしい香りがします。最近のゲームは3Dが主体ですが、本作は2D。上から見下ろしたような画面です。昔のゲームに多かった作りです。現代のゲームに少し飽きてしまった方には懐かしくもあり、新鮮なゲームだと思います。

スポンサーリンク

子供の頃によくやったファミコンを思い出す

子供の頃に夢中で遊んでいた「ファミコン」。今では凄く懐かしいですね。

画像は荒く、音声もヒドイ。それでも楽しくて毎日ファミコンで遊んでいましたね。

「ホットライン マイアミ」はファミコンのようなクオリティーですが、PS4とVitaで発売されました。

hotlinemiami-5

とても次世代機のグラフィックとは思えませんが、2Dでの表現が最大の売りだと思います。

昔のゲームでありがちな難易度は何度もプレイしたくなる

今思うと、昔のゲームってすごく単純でした。単純なのにすごい難しいんですよね。

「魔界村」とか「高橋名人の冒険島 」が難しすぎるゲームで有名です。

前進、ジャンプ、攻撃、と行ったシンプルな動作だけですが簡単にクリアできない。今のゲームよりも難しかったと思います。

子供の頃だし得意じゃなかったのかもしれません。にしても鬼畜な難易度です。

「ホットライン マイアミ」にも、レトロな難しさは健在です。

80年台のアクション映画のようなゲーム

80年代には名作と言える、アクション映画がいっぱいありました。

「ホットライン マイアミ」は昔の映画を思い出すような作品。過激な描写のバイオレンスアクションです。

昔のゲームにも過激な表現がありましたが、子供だったせいかよく分からないでプレイしていましたね。

hotlinemiami-3

今見てみるとけっこうバイオレンスです(笑)完全に18禁です。血はいっぱい出るわ、身体の一部は無くなるわで普通にグロいです・・・

ゲームシステムもレトロな仕様で単純明快

昔のゲームで一般的だった、ステージクリア型。昔よく使ってた言葉の1面です。よく友達と、「1面クリアしたら交代!」と言っていました。

アクション操作もレトロ。「攻撃」「武器を拾う」「武器を投げる」「敵にトドメをさす」の4つのみ。

攻略法も単純で、銃と鈍器を使い分けて敵を倒していくといったもの。敵に気付かれずに鈍器で倒し、敵が多く向かってきた時は銃で迎撃。

単純だけど、奥深いプレイが楽しめますよ。

ストーリーはアクション映画さながらの物語

多くの謎に包まれたストーリーです。主人公の正体も分からなければ、目的も一切不明。

hotlinemiami-2

留守番電話の残されたメッセージを元に、殺戮を行う主人公。分かっているのは、マフィアを排除していく事だけ。

まさに、アクション映画のようなストーリーです。謎を解く鍵となるのはプレイヤーの行動です。

80年台のゲームと映画を、一度に楽しめるようなゲームです。近年のゲームに魅力が足りない人は、プレイしてみてはいかがでしょうか?

意外とハマるゲームですよ♪
「ホットライン マイアミ Collected Edition」には、1作目と最新作の2本が収録されています。

PS4

PlayStation Vita

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です