キャラクター多すぎ・・・「バトルボーン」のやり込み要素がハンパない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
0

Gearboxが贈る、新作シューターの「バトルボーン」。延期された発売日も無事決まり、あとは発売を待つだけ。「バトルボーン」のやり込み要素や、情報を紹介します!

スポンサーリンク

「バトルボーン」は”ボーダーランズ”のようなゲーム

3
「バトルボーン」はGearboxの新作で、ボーダーランズでも知られる有名なメーカー。

多くの情報や動画が公開されているが、まるでボーダーランズのようなゲーム。

開発が同じ会社なら似て当然。しかし「バトルボーン」には、ボーダーランズを超えるゲーム性がある。

やりこみ要素はもちろん、多くのジャンルを混ぜあわせた「ヒーローシューター」というジャンルだ。

登場するキャラクターが多すぎる・・・

1
「バトルボーン」に登場するキャラクターは、25人。この25人を全て使う事ができるそうです。

この25人のヒーローは、全て個性的なキャラクター。1人1人に特徴的なスキルや、装備があるそう。

攻撃に特化したキャラや、サポートに特化したキャラ。25人もいるから、自分にあったキャラを見つける事ができますね!

「バトルボーン」は、短時間でキャラを育成する事ができるそう。ランクは1~10まで。早くキャラを育てる事ができるから、25人全て使う事ができそうですね。

周回プレイが楽しめる「キャンペーンモード」

最大5人で、協力プレイが楽しめる「キャンペーンモード」。RPG、シューティング、格闘、のジャンルで作られている。

ストーリーがしっかりと描かれており、25人のヒーローそれぞれに物語が存在する。ヒーローの人数分である、25個のストーリーを楽しむ事ができる。

キャンペーンモード時に発生するミッションは、何度でもプレイが可能。一度クリアしても、再度プレイする事ができるから、レアなアイテムを集める事ができるそう。

ミッションも作りこまれており、単調ではない。1つのミッションの中に、「エスコート」、「タワーディフェンス」、などが組み込まれている。

お使いとか暗殺ミッションだけだと、やってて飽きてくるから良いですね!

3つの対戦が楽しめる「マルチプレイヤー」

2
「Incursion」
MOBAのような、対戦が楽しめるモード。敵の陣地を攻略するモードで、1回のマッチは30分から40分にもなるとの事。

「Devastation」
マップ内の拠点を奪い合う、「ドミネーション」のようなモード。

「Meltdown」
一般的なFPSの、チームデスマッチのような物。AIであるミニオンを特定の場所まで守りぬくモード。1回のマッチは、10分もかからない。

ボーダーランズには、ちゃんとした対戦がなかったから期待できそうですね!

「バトルボーン」の発売日は5月3日

当初予定されていた発売日は、2016年2月9日。発売が延期されたが、無事決定。2016年5月3日に発売が決まった。

これは海外の発売日で、国内での正確な日程は不明。近々発表があると思います。アマゾンでは、”5月10日”の発売予定になっていましたが確実じゃないかも・・・

「バトルボーン」は、新しいボーダーランズのような楽しみ方もできると思う。面白そうな対戦もあるから、ボーダーランズの新作が出るまで楽しめそうですね!

25人のキャラが全部使えるし、アイテム集めとかもすごそう。かなり、やりこみ要素がハンパないゲームだと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です