面白くて深夜までプレイ「バトル・ボーン」MOBAの魅力を知った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
b01

最近「バトル・ボーン」から離れる事ができません。面白すぎて、ついつい深夜までプレイ。ディビジョンのアップデートもやらなきゃだし、また眠れない日々が続きそうです。

スポンサーリンク

一杯やりながら「バトル・ボーン」をプレイ

仕事が終り家に着くと、まず先に風呂に入っちゃいます。面倒な事は先に終わらせて、ゆっくりとゲームをやる為です。

風呂あがりに飲むビールは格別!ですが、ここにゲームが加わるともっと最高な物に。

缶ビールを飲みながら狭い部屋で、1人虚しくゲームプレイ。でもこれがいいんです。

誰かいたらゲームに集中出来ないし、狭い部屋の方が落ち着くんですよね。で、最近は一杯やりながら、バトル・ボーンばっかプレイしています。

ストーリーよりも対戦に夢中

最初はストーリーばかりやる事が多かったけど、最近は対戦をやる事の方が多い。

対戦に夢中になったのは、「MOBA」の魅力を知ったから。対戦を何回かやるまでは、この魅力に気付けなかった。MOBAは簡単に説明すると、「2つのチームがRTSの要領で敵の基地を破壊する」といった感じです。

「バトル・ボーン」は、ヒーローシューターというジャンルで、FPS。銃を使わないキャラもいます。接近タイプで剣を使うキャラとか、素手で殴るキャラとか。

ここに「MOBA」の要素が追加される。これが想像以上に面白かったんです。

対戦は全部で3種類ある

「バトル・ボーン」の対戦が3種類あり、どれも普通に楽しめる

■占領モード

マップにある3つの拠点を制圧していくモード。FPSで定番の、ドミネーションです。拠点の制圧ポイントで勝敗が決まる

■侵入モード

敵陣地に配置されている、大型の「セントリー」を破壊するモード。セントリーを破壊するか、与えたダメージが多いチームの勝利。

■溶解モード

敵陣地の焼却炉まで、「ミニオン」を連れて行くモード。焼却炉にミニオンを多く入れられるかで勝敗が決まる。

特に「侵入モード」と「溶解モード」にはハマっています。ドミネーションは他のFPSでけっこうやったので、バトル・ボーンではいいかなと。

敵の拠点を攻める楽しさがある「MOBA」

対戦のマップ自体はそんなに広くなく、敵の陣地を攻めるのが簡単そうな印象。だがそんな甘くなく、けっこうやりごたえのある対戦だった。

「侵入モード」では、セントリーまでたどり着くのは簡単。ここからが大変で、仲間の連携が必要となってくる。1人で突っ込んでも死ぬだけなので、まずは仲間が集結するまで近くで敵を倒す。

このセントリーが硬くて強い!普通に攻撃してもダメで、近づくと一気にライフを削られる。ここで重要となるのが、「ミニオン」。このミニオンが、セントリーのシールドを剥がす事ができるんです。

やる事は単純なんですが、上手く行かないのがまたハマる要素の1つです。

単なる撃ち合いだけでなく、「敵セントリーを破壊する」「ミニオンを守る」など、やる事が多い。でもこれが楽しいんですよね。

チームの連携がうまく取れていると、テンション上がります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です