またも嵐が!「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」批判される理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
02

「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」。なんでも評価が悪く、早くも批判されているらしい。発売前のゲームは批判される事が度々あるが、今回はなぜ叩かれているのが調べてみました。

スポンサーリンク

公開されたトレイラーに多くの低評価

先日公開されたばかりのトレイラー。べえやんも何度か視聴しましたが、普通に面白そうだった。

しかし注目すべきは、動画の内容だけでなかったんです。既にネットでも話題となっている、トレイラーの「視聴回数」、「評価」、の項目。

高評価よりも低評価の方が多く、いかに新作の内容が期待されていないかが分かる。

まぁ低評価を入れたくなる気持ちも分かりますよね~。期待はずれだったらがっかりですもんね。

「未来」の舞台に問題がある?

最近のコール オブ デューティは、立て続けに「未来」を時代設定にした物が発売されている。

もちろんどれも面白かったが、たまには古い時代や現代戦での時代設定を取り入れて欲しい。ちょっと、近未来物ばかりだと飽きちゃいますからね。

日本でも海外でも、多くのゲーマーが求めている時代設定にしないのは、なぜなのか。

未来物のFPSで、新しい物を創りだそうとしているのかも。

他のSFゲームと被ってしまう

トレイラーに多くの低評価が入れられた理由は、他のゲームと被るから。

宇宙を舞台にした多くのゲームと比較され、イマイチぱっとしないのかも。数あるFPSの中で、オリジナル色を出そうとしたら、かなり大変な事だと思う。

「コール オブ デューティ」は、超大作のFPSとして君臨している。

なんだかんだ言ってプレイしてみると、普通に楽しめるんですよね。発表当時もブラックオプス 3にも、ちょっとガッカリしたけどやってみたら面白かったですしね。

「MW」リマスターの販売方式に不満がある

コール オブ デューティと言えば、「モダンウォーフェア(MW)」。ブラックオプスとかも面白いけど、根強い人気があるのがMW。

「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」の特典として、「MW」リマスターが付いてくる。

「MW」リマスターだけの販売を行わないそうで、これにも批判の声が多くあるんですよね。

この販売方式に、どういった戦略があるのか。単品で販売してもかなり売れそうな気がしますけどね。

やっぱり、「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」も買ってほしいからなんですかね。

実際にゲームをプレイしないと分からない

「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」が批判される理由

  • 時代設定が「未来」
  • 他のSFゲームと被る
  • 「MW」リマスターが販売されない事

ネットで見た感じ、批判される理由は主にこの3つ。これにはべえやんも同感できますね。宇宙の舞台は、他のゲームで遊べるし・・・

最近期待外れの作品ばかり発表するが、やってみると普通に面白いんですよね。これはこれで、スゴイ事だと思う。

ゲーマーを落胆させても、実際にプレイしてみれば楽しませている。

まだ「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」が、発表されたばかり。

今後の情報を見ながら実際にプレイしてみないと、ちゃんとした評価ができないかも。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です