想像以上に面白い!「ディビジョン」ウイルスよりも人間が恐い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
5

先日配信された、「ディビジョン」のオープンベータ。これがけっこう面白く、早くも没頭した。面白いが恐い!ダークゾーンは、想像以上に危険すぎる場所だったんです。

スポンサーリンク

3つの要素でハマりやすいゲーム

「ディビジョン」の要素は、「RPG」「TPS」「ハクスラ」。3つの要素が融合し、ハマりやすいゲームだと思った。

RPGとハクスラのやり込み要素に、TPSのシューティング。敵を倒すと経験値と、アイテムがドロップする。

ドロップするアイテムは、弾薬、回復薬、装備など。

ミリタリーマニアが唸る「アイテム」

5
「ディビジョン」は、ミリタリーマニアにもオススメなゲーム。その理由は、登場する武器が、実銃だから。

M1911、M9、M870、MP5、M4、AK-47、SCAR-L、M249、M14、など。これだけでお腹いっぱいになりそうですが、他にもまだあります!

しかも、かなり豊富なカスタムがあるんです!スキン、サイト、マガジン、アンダーバレル、マズル。パーツも多く登場するから、自分だけの銃を作る事ができます。

防具は、マスク、ボディアーマー、バックパック、グローブ、ニーパッド、ホルスター。ニーパッドがあるのが渋い!他のゲームでは、あまり見かけませんからね。

オープンベータだが作りこまれた世界観

2
「ディビジョン」は、パンデミックによって荒廃したニューヨークが舞台。オープンワールドで、実際のニューヨークを再現しているそう。

実際にプレイして、かなり広いと思った。ベータでも広いと感じたのなら、製品版のマップはもっとヤバいと思う。

乗り物が登場しないから、常に徒歩での移動となる。目的地まで遠くても、所々に目がいくからあっという間。

ただの街でも、ビルや車とかが、良く作りこまれているから見るだけでも楽しいんですよね。道中たまに、敵が出てくるからこの戦闘も面白い。

荒廃したニューヨークに、秩序を取り戻すのが目的。ストーリーでは秩序を取り戻す事が出来ても、「ダークゾーン」の秩序は取り戻せないかも・・・

「ダークゾーン」は準備万全でも上手くいかない

PVPエリアである「ダークゾーン」は、かなり危険な場所。4人でパーティーを組んで入る事ができるが、他にも多くのプレイヤーがいる。
無題和気藹々だがこの後地獄に・・・
「ダークゾーン」にいる敵は、かなり強い。弾が当たってないのかと、疑うぐらい硬くてビビった。

この敵を倒して、アイテムを集めるのだが辛い・・・AIの敵だけならまだマシだが、他のプレイヤーも敵になる。

他のプレイヤーと敵対しなくてもプレイできるが、攻撃してくる人が多い・・・RDRの野良を思い出した。

いくら強い装備で出撃しても、敵は硬いし他のプレイヤーの脅威もある。決まった攻略法は、あるんですかね。

べえやんが考えた「ダークゾーン」の攻略法

まず「4人でパーティーを組む」。数は力なりという事で、これが最低条件です。AIに加え、他のプレイヤーも敵になるから、ここが一番厄介なとこ。

べえやんが考えた攻略法は簡単。”人が少ない”回収地点に向かう事です。人が多い場所は、必ず乱戦状態になっているので、ここで戦っても時間の無駄。良い装備を手に入れたいなら、少しでもいいので確実に回収する事。

あとは、プレイする時間帯!べえやんは深夜にもプレイしてみましたが、プレイヤーが少なかったです。遭遇しないで、何回か回収する事に成功しました。

ここでべえやんが思ったのは、「過疎ったらアイテム取り放題」。PVPエリアだから過疎れば人がいなくなる。人がいなくなれば、安全にアイテムを回収できるってわけです(笑)人が少ない時間帯が狙い目だと思った。

上級者でも苦戦しそうな、「ダークゾーン」。新しいシステムの対戦が楽しめるので、「ディビジョン」はべえやんオススメの1本です!

「ディビジョン」オープンベータをプレイした感想&レビュー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です