なんでそうした・・・「H1Z1」謎の販売方法に不満爆発?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

何かと注目を浴びる「H1Z1」。Youtubeの実況が、めちゃくちゃ面白いんですよね!PCに加え、PS4とXboxOneで発売するそうだが販売方法が謎すぎる。これには何か理由があるのかな?

スポンサーリンク

今年中に発売予定の「H1Z1」

2015年1月16日に、早期アクセスが開始された「H1Z1」。既に1年以上が経過しており、待ちに待った発売が近づいている。

2016年の夏頃には早期アクセスを終わらせ、発売される予定。対応機種は、PS4、XboxOne、PC、との事。

やっと完成版がプレイできるから、喜んでいる人は多い。「H1Z1」のようなゲームは、意外と少なくPCばかりで販売されてますからね~。

家庭用ゲーム機で、遊べるのはかなり嬉しいと思った。

リアルなシステムが特徴の「H1Z1」

4
「H1Z1」はサバイバルアクション。大人数参加型のMMOで、ゾンビウイルスで崩壊した世界を描くもの。

驚くのが、同一サーバーに”2000人”以上のプレイヤーを入れる事ができるそう。オープンワールドでクラフトシステムがあり、かなりやりこみ要素があるゲームだ。

現実同様にリアルなシステムがある。食べ物がなければ飢える事になり、怪我をすれば出血する事になる。1つの回復アイテムだけでは、生き延びる事はできない。

荒廃した世界では、物資を見つける事は困難。舞台は大都市ではなく、アメリカの田舎。自然が多く、木々は豊かだが、使えるアイテムは少ない。

自分が生き延びる為には、他のプレイヤーを犠牲にする事になる。

人間の恐ろしさが嫌というほど分かるゲーム

2
べえやんは、「H1Z1」をプレイした事がないです。Youtubeで実況動画を良く見ていますが、これがまた面白い!自分でプレイしていないのに、画面に釘付けになり気づけば数時間がたっている。

色々な人のプレイ動画を見ましたが、「ゾンビはそれほど脅威ではない」。ゾンビよりも、人間の方が恐いんですよね。

ゲーム内では、もちろん協力プレイをする事ができるが、裏切る事もできる。基本的に、他のプレイヤーと遭遇したら「逃げる」か「殺るか」。

見ていて、フレンドとのパーティープレイが一番安心できると思った。平気で他のプレイヤーを倒し、物資を奪っていきますからね・・・

やっと発売されるから、この緊張感を自分で味わう事ができそうだ。

「H1Z1」謎の販売方法が意味不明だが・・・

2016年の夏に早期アクセスが終了し、遂に販売されるそう。夏に終わるって事は、秋ぐらいには発売されるんですかね?

発売予定ではあるが、販売方法が意味不明。なんでも「H1Z1」は、2つに分けて販売するそう。

「H1Z1: King of the Kill」と「H1Z1: Just Survive」の2つだ。

「H1Z1: King of the Kill」では、PVPの対戦に特化した内容。最後まで生き延びる為に戦う「Battle Royale」モードと、新モードが搭載されるそう。

「H1Z1: Just Survive」では、オープンワールドでの、サバイバルに特化した内容。広大な世界での探索や、クラフト要素が実装されている。

これって1本にまとめる事が出来ないんですかね?

「H1Z1」はなぜ2つに分けて販売するのか?

販売元である、「Daybreak Game Company」は2つに分けた理由を説明している。早期アクセスで分かった事で、2つのゲーム性が進化した。これにより、全く違ったコミュニティが作られたと報告しているそうですが・・・

2つのモードを別々にする事で、明確なロードマップを提供できるとか。

謎ですが、大人の事情なんでしょうね。他のゲームでは、1本に色々なゲームモードが入っているのに、「H1Z1」ではそうしない。

開発の問題や、資金の問題。べえやん的には意味不明だと思おったが、結果的に発売してくれれば問題なし!

ちょっと面倒だが、楽しめるゲームだから2つ買う。超面白ければ、ディスクを変える手間も気にならない。DL版だったら面倒も解消されますからね。

とにかく願う事は、無事に発売される事ですね。

PS4

Xbox One

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です