稲船 敬二氏待望の新作!「ReCore(リコア)」新世代のアクションアドベンチャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
3

稲船 敬二さんと、メトロイドプライムの開発陣が贈る「ReCore(リコア)」。新世代のアクションアドベンチャーで、新しさと懐かしい感じが詰まったゲーム。値段も安いし、アドベンチャー好きには必見のタイトルです。

マイクロソフト「Xbox E3 2016 Briefing」で発表された内容まとめ

スポンサーリンク

伝説のクリエイター「稲船 敬二」

02
久しぶりに稲船 敬二さんを検索したら、「伝説のクリエイター」として紹介されていました。

稲船 敬二さんと言えば、ロックマンの生みの親でカプコンに在籍していてゲーム業界では、かなり有名な人ですよね。

有名な作品は、「ロックマン」、「バイオ」、「鬼武者」、「デッドライジング」、「ロストプラネット」、などプロデュースしているゲームが多いですね。

そんな稲船 敬二さんと、メトロイドプライムの開発陣「レトロスタジオ」が開発した「ReCore(リコア)」。

人気タイトルを手掛けただけに、期待できそうな作品です。

「ReCore(リコア)」の内容

01
「ReCore(リコア)」は、新世代のアクションアドベンチャー。

ロボットが支配する惑星「ファー エデン」。この惑星にわずかに生き残った人類の1人である主人公の「ジュール アダムス」。

人類の滅亡を企むロボット軍団に、ユニークな仲間のロボット達と立ち向かうストーリー。

世界観は神秘的でダイナミックな演出。予想外な展開が繰り広げられる、壮大なアクションアドベンチャーが体験できるゲームです。

まだ情報は少なく、一般的なアクションゲームにしか見えませんが、いくつかの特徴があります。

「ReCore(リコア)」の特徴

03
3Dゲームでありながら、2Dゲームの横スクで定番の要素も多く含まれている。

敵との戦いで攻撃する時は、ロックオンで狙い、2段ジャンプや空中ダッシュなどもあり、ロックマン風なアクションが含まれている。

銃撃では、チャージショットもあるのでこれもロックマンっぽいですね。

敵には属性があり、これに合わせた攻撃が戦いを有利にする。4種類の属性があり、敵と属性を合わせる事により、効果的なダメージを与える事が可能。

またパートナーのロボットは、2体連れて行く事ができ、攻撃などの指示を出す事もできる。

ロボット自体は”コア”なので、色んな形のロボットにカスタマイズする事ができる。
02
「ReCore(リコア)」の名前の由来が、”コアの入れ替え”らしく、コアが重要な部分となってくるそうです。

新世代なのに懐かしい感じがする

「ReCore(リコア)」は新しいゲームですが、どことなく懐かしい感じがします。

昔の洋ゲーというか、レトロっぽいというか。なんか64のゲームにありそうな雰囲気がいいんですよね。

悪く言えば古臭いなんて言い方になりますが、これはこれでありだと思いましたね。最近の新作が面白くて素晴らしいゲームばかりですが、新鮮味というか独特な感じがあまり濃くないですからね。

昔新作ゲームを見て、感じた興奮に似ているものがありますね。

予約解禁&価格が安い!!

Amazonでも既に予約が開始されている「ReCore(リコア)」ですが、カカウが安い!

現時点では5000円ちょっとで買えるお値段で、とても良心的です。

更に早期購入特典としては、「バンジョーとカズーイの大冒険:ガレージ大作戦」が付いてきます。

E3 2016でも発表された「ReCore(リコア)」。新しくも懐かしい感覚を楽しめるゲームだと思います。

Xbox Oneだけでプレイできる 「独占タイトル」まとめ13タイトル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です