ミステリアスな島で謎を解け!「The Witness」新感覚のオープンワールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
3

先日ジャストコーズ3が届きましたが、まだプレイ出来てません。フォールアウト4が、想像以上に時間を奪う・・・今では定番となった、オープンワールド。「The Witness」が面白そうなんです!

スポンサーリンク

オープンワールドとパズルが融合したゲーム

1
「The Witness」は、新感覚のゲーム。オープンワールドと、パズルが融合したジャンルなんです。

一人称視点で、ミステリアスな孤島を冒険する物語。謎に満ちていて、不思議な島。

この島に一体何があったのか?プレイヤーは謎を解きながら、真相に迫っていくゲームです。

これは面白そう!RPGとかで謎を解く為に、よくあるパズルがある。「The Witness」はパズルが中心となった、オープンワールドなんです。

パズルといえば大人気の「パズドラ」

配信から何年たっても、人気が衰えない「パズドラ」。今では、パズルといえばパズドラが思い浮かびますよね。

これも新感覚の、パズルゲームでしたよね。パズルでバトルして、モンスターを育てる。誰でも簡単に楽しめるとこも、魅力的なんでしょうね。

べえやんは、パズルが超苦手。苦手でもあるし、どちらかと言えばあまり好きじゃない。

ブロックとかパズル系は、基本プレイしませんね~。やってもすぐゲームオーバー。これ系のジャンルが得意な人って、数字に強いって言いますよね。

その証拠にべえやんは、数字にとても弱いです・・・

パズルが苦手でも楽しめそうな「The Witness」

先ほども言いましたが、べえやんはパズル系は一切やりません。でも「The Witness」は、プレイしたいんですよね。

ゴリゴリのパズルではなく、謎を解く為にパズルをする。広大な孤島が舞台で、一人称のオープンワールド。

島を探索する為には、パズルを解く必要がある。島には至る所にパズルが設置されており、ヒントは「島の風景」。

風景を良く観察すればパズルを解く事ができるから、苦手でも問題なく楽しめそうだ。

クリアできるか不安になるボリューム

2
「The Witness」は、あまり広くないな孤島を舞台にした冒険。この孤島には、10個のエリアが存在し、全てクリアすると島の謎が解けるとの事。

パズルの数は、650種類以上。プレイ時間は100時間を超えるとの事。やりこみ要素がハンパないですね・・・

パズルは簡単な物から奥深い物まで、難易度が分かれている。スタートからゴールまで、線をつなげるタイプのパズルだ。

どのパズルもヒントから解き方まで、しかり作られている。理不尽な作りには、なっていないそうです。

パズルが好きな人の為に作られた「The Witness」

「The Witness」の開発者は、「ジョナサン・ブロウ」さん。 アクションパズルの「Braid」を作った人。インディーズゲームながら、人気で話題となったゲームだ。

「The Witness」には、ストーリーがなくプレイヤーの自由に進める事ができるそう。キャラクターは、一切登場しない。更に、BGMを消すオプションもあるそう。

思う存分パズルに集中できるよう、パズル好きの為に作られたゲーム。

「最高のゲームを作り、プレイヤーに有益な体験を提供すること」

「ジョナサン・ブロウ」さんはこのように語り、ファンの事をしっかりと考えている事が分かる。

これはパズル好きじゃなくても、オススメしたいゲームです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です