ギアーズ・オブ・ウォー生みの親「クリフB」の新作ゲームのアイデアが奇抜すぎる!

ギアーズ・オブ・ウォー生みの親「クリフB」氏と言えば、新作FPS「LawBreakers」の発売日が決まりましたね。海外でPS4とPC向けに8月8日に発売されるそうです。あまり話題になっていない感じもしますが、やったらやったで面白そうなゲームです。そんな「クリフB」氏のゲーム開発における、新しいアイデアが面白いんですよ。

世間は「E3 2017」で盛り上がっていますね!今日終了したみたいですが、今年も魅力的なタイトルが多く発表されましたね。ギアーズ向...
スポンサーリンク

新作ゲームのテーマは「迷子の犬」

クリフ・ブレジンスキー(クリフB)氏は、「ギアーズ・オブ・ウォー」シリーズ生みの親として知られています。

「ギアーズ・オブ・ウォー」は、TPS(サードパーソン・シューティング)で、今度発売される「LawBreakers」はFPS(ファーストパーソン・シューティング)です。

これを見ると、シューティングゲームを作るのが好きな開発者に見えます。

しかし新しいゲームのアイデアは「迷子の犬」をテーマとし、タイトルは「ドッグ・ゴーン」だそうです。

犬のしぐさを忠実に再現したい

ストーリーは、迷子となった犬が家族の元に戻るといった内容で、犬を操作していくゲームとの事。

グランドキャニオンに車で向かった家族が、犬をうっかり置き忘れ自宅へ帰ってしまう。

家族の元へ戻る為に犬は、道中様々な犬との出会いやロケーションが待っているそうです。犬が主人公のアドベンチャーみたいな感じですね。

犬の「吠える」「尻尾を振る」などの動作を可能にし、犬の口をアナログスティックで操作できるようにしたいそうです。

「ドッグ・ゴーン」はまだコンセプトの段階ですが、もし発売されたら話題になりそうなゲームです。

ギアーズ・オブ・ウォー4を褒めまくり!

奇抜なアイデアの、「ドッグ・ゴーン」を語った「クリフB」氏。ギアーズ・オブ・ウォー4を褒めまくっていたそうです!

なんでも発売前に「Epic」にプレイしに行ったそうです。

プロローグやグラフィック、戦闘に関して「素晴らしい」「見事」と褒めていました。

やっぱりギアーズが好きなんですね。もし「ギアーズ・オブ・ウォー5」が発売されるとしたら、今回の「ドッグ・ゴーン」のように奇抜なアイデアを提供してほしいですね。

「クリフB」氏が手がけたギアーズはどれも最高だったので、ありえないとは思いますがカムバックに期待したいですね。

Enjoying #GearsofWar4 so far! That double shotgun is fun AF. Deebies surprisingly fun to fight and good combat bowls. Great particle FX too.
スポンサーリンク