音ゲー「ロックスミス2014」に潜む危険な落とし穴とは?

最近何をするにも、音楽が手放せなくなった。仕事中も寝る時も、ゲームで遊んでいる時も聴いている。Youtubeで、音楽を聴く事もある。ここで、気になるものを発見した。「ロックスミス2014」が、最速のギター上達法だという。興味がわいたので見てみたら・・・意外な落とし穴ばかりだった!

スポンサーリンク

「ロックスミス2014」は超リアルな音ゲー

本物のギターを使って、ゲームをプレイする事が出来る。

実際に存在する、「エフェクター」も複数登場するそう。エフェクターって高いから、色んなのを試奏できるのはいいなと思った。

本物のギターを使うから、超リアルなゲームプレイかと思いきや・・・

楽譜じゃないの?画面の奥から、タブの代わりになるブロックが飛んでくる。PC版では、TAB譜を入れるツールがあるそう。

リアルではあるが、実際のギターとは程遠いと思う。

ゲームをプレイするのに必要な物

  • ゲーム機本体
  • ゲームソフト
  • 本物のギター
  • リアルトーンケーブル

ロックスミスをプレイするのに必要なのはこれだけ。

ん?何か足りないような気がするが、ゲームをやるだけならこれだけで良いとの事。

でもこれだけだと、ギターの練習にならないと思うが。これだけでギターに慣れてしまうと、危険な落とし穴があると思った。

「ロックスミス2014」に潜む危険な落とし穴とは?

音楽の知識がない人が、「ロックスミス2014」から入ると”基礎”を覚える事が出来ない。本気でやる人には、危険な落とし穴だ。

基礎が分からないと、音楽をやる上でかなり致命的です。

ロックスミス2014で、ギターを弾けるようになった人のプレイを見た。ゲーム上では問題ないかもしれないが、基礎ができていない。

「ギターの持ち方」、「ピックの持ち方」、「バッキング」、など。基礎はもっと多くある。

ただゲームを楽しむだけなら、問題ありません。ちゃんとギターを弾けるようになりたいのなら、このゲームだけではダメ。

基礎が出来ていないとギターを弾く事はできない

楽器は、とても奥深い物。たかがギターだとしても、覚える事はたくさんある。

ロックスミス2014でギターを覚えてしまうと、後々本気でやる時に苦労する事になる。

ゲームでは、ギターのメンテナンスを教えてくれない。「弦の張り方」、「チューニングのやり方」、「音の出し方」。

ちょっと考えただけでも、切りがない。楽器を触ると、必ず”クセ”が付く。

クセを直すのは、かなり苦労します。練習する時間が削られ、無駄になる。

ギターを本気でやるのなら、ロックスミス2014だけだと、かえって逆効果だと思います。

本気でギターをやるならまず基礎から覚える事!

ロックスミス2014は一応練習にもなるので、ちゃんとした練習と一緒にプレイするのが良い。

ギター初心者向けの、参考書を買う事をオススメします。何事も、基礎が大事です。

今はインターネットもかなり普及したので、ネットでも初心者用のページがたくさんあります。これも、同時に活用した法が良い。

音ゲーを楽しむだけなら、基礎は必要です。TAB譜が読めなかったら、ギター弾けませんからね(笑)リズムの取り方も、かなり重要だし。

ゲームとしては楽しめそうなものだが、本当のギターではない。本気でギターを弾けるようになりたいなら、まずは”基礎”から!

ゲームだけだと人前で演奏したり、バンドをやるのも難しいと思いますよ・・・

PS3

Xbox 360

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク