ゲーマーが世界を救う!?映画「ピクセル」の見所とは?

かなり久しぶりに、映画館に行きました。多分最後に行ったのは、「トランスフォーマーダークサイドムーン」。3D鑑賞が、クソすぎたのを覚えています。ゲームをやる時間を、削って観に行った理由は、「ゲーム」が題材の映画だから。ゲーマーであれば見逃せないと思い、久しぶりにアウトドアをしてきました。

スポンサーリンク

最近の映画館はかなり変わっていた

映画館に行く前に、チケット屋で500円安く鑑賞券をゲット。

久しぶりの映画という事もあり、興奮した。いざ映画館に着くと、どこかで観たような雰囲気が・・・初めて行くのに、なぜか記憶にある。

これは!!「デッドライジング」に出てくる映画館そのまんまだった。

Dead Rising 3の魅力が尽きず面白さに圧倒されました

キャラメルポップコーンMサイズ、コーラMサイズ、ホットドッグを購入。

ゾンビが出てこないか、周囲を気にしつつ客席へ。客席の少なさに怯えた。客席が少ない代わりに、スクリーンがいっぱいあった。

アメリカの映画館を、モロパクリしている事に気が付いた。

ちなみに、ポップコーン多すぎて全部食べれませんでした・・・あれMサイズだが3人前はある。

久しぶりの映画館だったので、きょどりすぎて写真撮るの忘れてました(笑)

ゲームオタク vs 80年代ゲームキャラ

ストーリーは、宇宙人の侵略からゲーマーが世界を救う物語。

1980年に行われた、ゲーム大会。このゲームの映像を、NASAが宇宙に送る。地球がどんな国かをビデオメッセージで送るわけだが・・・

宇宙人、エイリアンはこのメッセージを誤解する。地球が戦いを挑んでいると勘違いし、地球に攻撃しにやてくる。

宇宙人は、ゲームキャラクターに姿を変え、勝負を挑んでくる。

1980年代の映像を使い、メッセージを送ってくる。「3回勝負して、負けたら地球を奪う」。

圧倒的な宇宙人の強さに、アメリカ軍でも歯が立たない。そんな時に3人のゲームオタクが呼ばれるのであった。

027
この3人は、80年代のゲームチャンピオンだった。(左の女性は軍の人)

あらすじはこんな感じ。

「ピクセル」に登場した懐かしいゲーム

もうオッサン世代が、歓喜のゲームばかり。

  • ギャラガ
  • アルカノイド
  • センチピード
  • パックマン
  • キューバート
  • スペースインベーダー
  • ドンキーコング

ほとんどが、日本のゲーム。「センチピード」だけは、アメリカの「アタリ」が発売したゲーム。

他にも多数登場している

026
どのゲームもめっちゃリアルに再現されていて、迫力が凄かった。

パックマンが街中を暴れ回り、車を食いまくる。笑いましたが実際に起こったら、かなり地獄絵図ですよね。

「センチピード」の時はFPSのみたい!上空から現れるムカデにミニガンのような、光線砲でバリバリ撃ちまくる!

観ていて体がうずき、ゲームがやりたくなった。ゲームチャンピオンであれば、宇宙人から地球を救う事ができるかもしれない。

ゲームを攻略するには「パターン」を覚える事

024
アダム・サンドラー(真ん中の人)が演じる主人公の「サム・ブレナー」。

彼はどんなゲームにもパターンがあり、パターンさえ覚えれば攻略できるとの事。

これは、かなり勉強になった。昔のゲームは、確かに単調だった。しかし、パターンがいくつもあり、それを制覇するのは難しい。

現代のゲームにも、しっかりとパターンは残っている。分かりにくく、把握できない。一見、パターンじゃないようにも見える。

ボタンを押せば攻撃する、攻撃が当たれば倒れる。決まりごとがあり、現代のゲームも必ずパターンで出来ていると思った。

映画「ピクセル」の見所とは?

見所は全部です(笑)個人的な感想ですが、退屈なシーンは一切なく、終止楽しめる映画。

SFコメディなので笑いも止まらず、3人のゲーマーの腕前も釘付けになる。

かなり良いと思ったのが「エンドロール」が退屈じゃなく楽しめる。映画のストーリーを、ピクセルで最初から最後まで流れるので、おさらいが出来る。

大体の映画はエンドロールで、字幕しか流れないのでつまらない。ちょっと映像を入れるだけで、こんなに楽しめるようになるとは思わなかった。

本当にゲーマーが世界を救う時が来るかもしれない!

ピクセルは、作られた映画。だがしかし、実際に宇宙人や人類を、危機に脅かす物が来るかもしれない。

そんな時に、ゲームの知識や腕前があれば、世界を救う事が出来るかもしれない。

イギリス軍では、実際にゲーマーを募集している。兵器の操縦を、ゲームをプレイしているように行えるからだ。

ゲームをプレイしていれば、必ず役に立つ事がある。なかったとしても、思う存分楽しめればいい!

ゲームは、無限の可能性を秘めていると思います♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク