たまには外出してみない?「あそぶ! ゲーム展」でのんびり休息を♪

ゲーマーは、基本家に篭ってゲームをやる。べえやん休日の日は、1日家でゲームをする事もあります。好きな事をやるのは良い事だが、たまには外に出た方がいい。ゲームの攻略に詰まる。ストレスが溜まる。外出する事で、ストレスが発散できるそう。ゲーマーにとっておきのスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

家に引きこもってしまいがちのゲーマー

これはもうしょうがないです(笑)だってゲーマーはゲームが趣味だから、家でプレイするのは当たり前。

子供とか見ると、公園で「3DS」で遊んでいます。異様な光景に見えますが、昔からあるんですよね。

べえやんの時代は、神社や公園に行って「ゲームボーイ」で、友達と遊んでいました。

昔はゲーセンに行ったり、友達の家に遊びに行ってゲームをやっていました。

それが現代では、3DSやVitaになっただけ。古き好き光景は、”物”が変わっただけで、今でも見る事ができる。

外出の機会をどんどん奪われるゲーマー

現在2015年。昔と比べると、色々な物が急速に発達している。

インターネットが特にスゴイ。ネットさえあれば、物事は何でも分かってしまう時代だ。

ゲームに関しても同じだ。インターネットが普及したから、オンラインゲームも発達した。

わざわざ友達の家に行かなくても、ネットさえあれば友達と遊ぶ事ができる。

これはこれで、かなり便利だと思います。でも何か、大事な物を失っているような気が・・・

まだ物をなくすだけなら、マシ。引きこもってばかりいると、病気になったりするんですよ!

外に出ないと色々と危険なリスクがある

さらっと調べたらリスクはいっぱいあった

  • 歩行障害
  • 認知機能が低下
  • ストレスが溜まる
  • うつ病になりやすい
  • 運動不足になる

これだけ危険なリスクが・・・やはり、体を動かす事が重要みたい。

外の空気に触れ、太陽の日を浴びる事で、心身共にリフレッシュできるそうだ。

長生きしてもっとゲームを楽しむには、外出が必要って事ですね。外の空気に触れると、気分もリフレッシュします。

おすすめスポットは「あそぶ! ゲーム展」!

場所は埼玉県川口市の、「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム」。

企画展で「あそぶ! ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」が開催されている。

何かというと、もちろんゲームで遊ぶ事が出来るイベントなんです!

ゲーマーであれば、是非行って欲しいスポット。ゲーマーじゃない方でも、かなり楽しめる場所なんですよ!

「あそぶ! ゲーム展」に行って出来る事

もちろんゲームで遊ぶ事ができますが、かなり古いゲーム。「レトロゲーム」で、世界で初めてのビデオゲームと呼ばれる、「テニス・フォー・ツー」もあるそう・・・

ゲーマーが世界を救う!?映画「ピクセル」の見所とは?

ゲーマーであれば外せませんね!

展示ゲーム一覧は以下の通り

  • テニス・フォー・ツー
  • スペースウォー
  • コンピュータースペース
  • ポン
  • スピードレースデラックス
  • マンイーター
  • デスレース
  • ブレイクアウト
  • スペースインベーダー
  • アステロイド
  • クレイジークライマー
  • ドンキーコング

とにかく多い!これ以外にも多くのゲームが展示されていて、実際にプレイする事ができるんです。

ゲーマーならば、絶対に行くべき1つの理由がある!

ゲーマーなら、行っておいて損はないし楽しめる。

絶対に行くべき1つの理由とは、「ゲームの歴史」を知る事ができる。

ネットでも可能でしょうが、デマや違った情報も多い。「あそぶ! ゲーム展」では、見て、触れて、楽しんで、知る、事が可能だ。

つまりリアルな状態で、レトロなゲームを体感する事ができる。

最近何事でも、歴史を知らない人が多い。ゲームを語るのであれば、歴史を知る必要があると思います。

展示される期間は、2016年2月28日まで。

入場料は大人510円、子ども250円、とゲーセンに行くより格安だ。

たまには、外出して気分をリフレッシュしましょう!病気になったら、大好きなゲームで遊べなくなりますからね・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク