確かな恐怖がそこにある「バイオハザード7」ホラー好きならやっておくべき1本だ!

2017年1月26日に発売された、シリーズ最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」。今までのバイオとは少し変わった雰囲気の本作。過去シリーズにはない、恐怖が体験できるゲームです。軽くプレイしてみましたが、体験版同様本当に恐い。これは期待以上の出来に、仕上がっていると思います。少しプレイした感想と、新情報をまとめて紹介します。※ネタバレとグロ画像があるので注意して御覧ください。

スポンサーリンク

新生「バイオハザード」

01
「バイオハザード7 レジデント イービル」は、恐怖の為に新生したバイオハザード。

リブートとなり、初代バイオハザードで体感できた恐怖感を蘇らせた作品です。

サバイバルホラーで重要となる、「恐怖」や「戦闘」に加え、「探索」と「アイテム管理」が攻略の鍵を握る。

初代バイオハザードで、重要だった要素が本作では再び取り入れられています。

売れ行きも好調のようで、現時点で世界での出荷本数は250万本。また海外メディアでは高評価のレビューが続き、ホラーファンには欠かせない作品となっています。

「アイソレートビュー」が恐さを倍増させる

3
本作では新たな視点の「アイソレートビュー」を採用し、これが恐さを倍増させる要因となっています。

アイソレートビューはいわゆる「一人称視点」で、キャラクターの目の前の光景が映像に映し出される。

目の前しか見えないから、「後ろ」や「横」が見えず終始ビクビクする事になる。

過去シリーズでは三人称視点だったので、周囲の状況を把握できました。

「目の前しか見えない恐怖」。まぁ振り向いたり横を向けば見えるんですが、これさえ恐怖なんですよね。

しかもやたらと暗い場所が多いので、これも恐怖を倍増させています。

恐さと同時に「痛さ」もある

1
「バイオハザード7」は、恐さを全面に押し出しています。発売前に配信された体験版では、その恐怖をひと足早く体感する事ができました。

本編でもその恐さは健在で、むしろ想像以上の恐怖が待ち受けていました。

恐怖と同時に襲い来るのが「痛み」です。「バイオハザード7」では、ハードな描写を表現しており、思っていたよりもグロいシーンが多いです。

「ナイフ」や「チェーンソー」が登場し、その迫力はグロ映画さながらの演出です。敵の攻撃が尋常じゃなく、プレイしながら歯を食いしばりました。

痛さが強調される事で、恐怖感をより一層体験できるんだと思いました。

序盤を過ぎれば恐怖は薄れる

4
プレイ開始時は本当に恐怖しかないです。薄暗い廃墟の中をゆっくりとあるき回り、探索する。

武器もないから戦えずに、逃げる事しか出来ない。これが一番恐いんですよね。しかも敵は不死身。

慣れもあると思いますが、武器や弾薬を手に入れる事で恐怖が半減していきます。

「やりたいけど恐すぎてできなそう」と思っている方は、まず体験版をやってみください。

ここで慣れて出来そうになれば、バイオ7を買ってもお金の無駄にはなりません。いざ買って恐すぎてプレイ出来なかったら、本当に勿体無いと思います。

初代バイオを思わせる懐かしい作り

7
本作に登場する舞台の邸宅は、初代バイオの舞台「館」のような作りです。

鍵がかかったドアが多く、邸宅内を探索していきます。この探索も初代バイオを思い出させます。

ギミックを動かすアイテムは、「クランク」や「レリーフ」など。これらのアイテムも過去に登場し、本作をプレイしながら懐かしく思いました。

またアイテムを保管する「アイテムボックス」に、カセットテープを再生する「テープレコーダー」がセーブポイントに。

初代バイオをプレイした事がある方は、懐かしさと新しさを感じる事ができると思いました。

難しい謎解きから簡単なものまで

5
最近のバイオでは、あまり謎解きが強調されていませんでした。

本作はリブート作品という事もあり、初代バイオで面白かった謎解きが再び取り入れられています。

謎解きは主に鍵がかかったドアを開ける為に、必要なアイテムを見つけ出す。

簡単なものから難しい謎解きまであり、これがまたゲームを面白くしている要素だと思いました。ただ敵と戦ったり逃げたりの繰り返しでは単調です。

そんな謎解きでも、「使い回し」の謎解きがいくつかありました。「また同じ?」と思う場面がいくつかり、欲を言えばもう少しひねってほしかったです。

「死にゲー」要素もあり

6
ちょっとネタバレがあります。本作の敵は強敵が多いです。特に「ベイカー」はしつこくて、ダメージも高いです。

バイオ3で登場した「追跡者」のような感じで、しつこく追いかけてくるんですよね。

運良く一回で倒せる時もあれば、何回かやってようやく倒せるシーンも。

本作では初代バイオと同じように、弾薬と回復約がとても貴重なものとなっています。

よく考えてから使わないとすぐに、ストックがなくなってしまいます。

やめ時を与えてくれない「ストーリー」

本作のストーリーは、主人公「イーサン」が行方不明になった妻を探しに、ルイジアナのルイジアナへと向かいます。

たどり着いたのは「荒れ果てた邸宅」。妻の行方を探し邸宅内を探索するが、何者かに襲撃を受け気を失ってしまう。

目を覚ますとイスに縛り付けられ、目の前には晩餐の様子が。そこに待ち受けていたのは、狂気に満ちたベイカーの家族たちだった。

ここからストーリーが始まっていきますが、本当に謎だらけです。

妻がどうして行方不明になったのか。この邸宅とベイカーの家族は一体何者なのか。

これらの謎を解き明かす為にゲームを進めていくわけですが、やめ時が本当にないです。

次から次へと物語が進展するので、先が気になってしょうがない。これは上手い演出だと思いました。

プレイ時間を決めてやるか、セーブポイントにきたらやめるか。なんかしら辞め時を作らないと、面白すぎるストーリーが辞め時を与えてくれません。

「バイオ7」は想像以上の出来に仕上がっている

まだプレイしてから数時間で、多分ストーリー中盤を過ぎたぐらいだと思います。

まだクリアしていませんが、ものの数時間で「バイオハザード7 レジデント イービル」の恐怖と面白さにハマりました。

従来のバイオとは違った雰囲気で、一人称のバイオは違うゲームになるだろと思っていました。

しかしいい意味で期待を裏切られ、この一人称視点こそが本作を面白くしている最大の要素だと思いました。

バイオの世界観を一人称でプレイでき、初代バイオのような独特な恐さと面白さがある。

バイオシリーズのファンはもちろん、ホラー好きの方は”やっておくべき1本”のゲームだと思います。

新情報は多数の「DLC」

発売後すぐに「DLC」の新情報が公開されていました。公開されたDLCは、「Banned Footage」という物で、いくつかのコンテンツが収録されたものです。

DLC「Banned Footage」は、「バイオハザード7」の物語の後に、ベイカー邸から発見されたビデオテープの内容を描いている。

ビデオに映された映像が過激すぎる為に、今まで公開されなかった。

このDLCでは、ビデオテープに記録された物語を追体験する内容となっている。

DLCには、2つの物語と1つのエクストラゲームが収録されています。

公開されたDLC「Banned Footage」は、 Vol.1とVol.2の2種類が発表されています。

Banned Footage Vol.1

配信日

  • 「PS4」2017年1月31日(火)
  • 「XboxOne・PC」2017年2月21日(火)

価格

  • 「PS4・PC」 926円(税別)
  • 「XboxOne」980円(税別)

狂気溢れる寝室から逃れろ「ベッドルーム」

1
ベイカー家を支えるジャックの妻である「マーガレット」。プレイヤーはベッドルームに監禁され、脱出を目指す内容。

過酷なシューティングサバイバル「ナイトメア」

2
ナイトメアでは、全身を黒で覆った「モールデッド」を相手に、地下でのサバイバルに挑む内容。

エクストラゲーム「イーサン マスト ダイ」

3
本編とは独立したエクストラゲームの「イーサン マスト ダイ」。ベイカー邸本館が舞台となり、超高難易度の内容。

※PS VR非対応

発禁フッテージ Vol.2

配信日

  • 「PS4」2017年2月14日(火)
  • 「XboxOne・PC」2017年2月21日(火)

価格

  • 「PS4・PC」 926円(税別)
  • 「XboxOne」980円(税別)

生死を賭けたギャンブル「21」

4
ベイカー家の長男である「ルーカス」がしかける、命をかけたギャンブルに挑む事になる。

ある家族を襲った悲劇「ドウターズ」

5
本編とは全く違った雰囲気のベイカー家を描く。本編で描かれた物語よりも前の、悲劇を描く内容。

エクストラゲーム「ジャック 55th バースデー」

6
55歳の誕生日を迎えたジャックの、食欲を満たす内容。本編の恐怖とは違った、「コミカル」な雰囲気となっている。

※PS VR非対応

「シーズンパス」も発売予定

Banned Footage Vol.1とVol.2が含まれています。

  • 「PS4」1,852円(税別)
  • 「Xbox One」1,880円(税別)
  • 「PC」1,852円(税別)

シーズンパスを含む各DLCには、「通常版」と「グロテスクVer.」の違いがあります。

購入する時は、「通常版」と「グロテスクVer.」をよく確認して注意する必要があります。

バイオハザード7 レジデント イービル 公式サイト

バイオハザード7 PS4

バイオハザード7 Xbox One

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク