PS VRが追加販売!「バイオハザード7 レジデント イービル」発売後には無料DLCも

2017年1月26日(木)の、発売日が迫る「バイオハザード7 レジデント イービル」。新たな視点「アイソレートビュー」を採用し、これまでとは違った雰囲気の作品となりそうです。今回新たに発表されたのは、無料で配信される「DLC」。更に本作の恐怖体験を倍増させる、「PS VR」の追加販売も決まったそうです。

スポンサーリンク

「バイオハザード7 レジデント イービル」ストーリー

01
主人公「イーサン」の妻は3年前に突如姿を消した。消息を絶ったはずの妻から1通のメールが届く。

イーサンは、そのメールに導かれるようにルイジアナへと向かう。

車を走らせたどり着いた場所は、1軒の邸宅。プランテーションに建てられ、酷く荒れた様子。

廃墟と化した邸宅からは、何者かの雰囲気がする。不意打ちを受けイーサンは、気絶してしまう。

02
目覚めたイーサンを待ち受けていたのは、不気味な雰囲気の晩餐会。そこにいた人間達は、とても正常とは思えない様子の「ベイカー」家族。

イーサンは妻を探しながら、狂気に満ちた邸宅からの脱出を目指す事になる。

今までのバイオとは、全く違った雰囲気の本作。まだまだ謎が多いので、実際にプレイするのが楽しみですね。

2017年春に追加DLCを配信

2017年春に、追加DLC「Not A Hero」が配信予定だそうです。

現時点でのDLCの内容は不明。分かっているのは、本編とは違った「短編のシナリオ」を描いているそうです。

追加DLC「Not A Hero」は、無料で配信予定との事。

発売日前にDLCの情報が出たので、今後の展開にも期待が出来そうですね。

「アイソレートビュー」にピッタリなPS VR

03
「バイオハザード7 レジデント イービル」は、新たな視点「アイソレートビュー」を採用しています。

いわゆる一人称の視点で、三人称よりも没入感が高くなります。

「アイソレートビュー」を採用した事により、PS VRに完全に対応しています。

ゲーム全編をPS VRでプレイする事が可能で、恐怖が倍増する事間違いなし。

今では在庫切れ状態となった「PS VR」ですが、追加販売が行われるそうです。

バイオハザード7 レジデント イービル

「PS VR」バイオ7の発売日に追加販売

2

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

「PS VR」の追加販売日は、2017年1月26日(木)。「バイオハザード7 レジデント イービル」と、同じ発売日となっています。

予約注文や抽選販売で、即品薄状態となった事を考えると、今回もすぐ売り切れになりそうな気がします。

現在、通販サイトで販売していますが値段がめちゃくちゃ高いです。Amazon、楽天ともに価格は、9万円前後となっています。

希望商売価格は、44,980円(税抜き)。倍ぐらいになっています。

多分追加販売も注文が殺到すると思われるので、前日からチェックしておいた方がよさそうです。

2017年に発売予定「新作 ゾンビゲーム」期待の5タイトルを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク