修理or新品?「Xbox Oneが故障」緑のロゴ画面からホームへ行かず

毎日平凡な日が続くと、急に嫌な事が襲いかかってくるんですよね~。先日「Xbox One」が起動しなくなりました。本体の電源は入るんですが、最初のロード画面が以上に長く、これが終わると真っ暗な画面になりホームに行かず。この現象が起こる前日は、普通に起動したんですけどね。とうとう壊れたかと・・・まぁ3年近くもったので良い方かと。色々対処法を調べてみましたが、完全にアウト。新しく買い直す事にしました。

スポンサーリンク

2年と9ヶ月で故障


べえやんが買ったのは、Xbox One「Halo: The Master Chief Collection 同梱版」です。Amazonのセールで、3,4000円ぐらいでした。

確か買ったのは2015年の3月ぐらいだったので、購入してから2年と9ヶ月ぐらいが経ちます。

当時「ダイイングライト」が発売される時期だったので、購入を決意したんですよ。その時は次世代機だった事もあり、グラフィックに感動しました。

今まで何の異常もなく快適に遊べていたんですが、急にコロッと調子が悪くなりました。調子が悪いと言っても、ゲームができないので壊れている状態なんですけどね。

症状


故障した「Xbox One」の症状は

  • 電源が入って起動する
  • 緑のXbox画面は付く(ロードが異常に長い)
  • 上記の画面が終了して「真っ暗な画面」になる
  • ディスクを入れても真っ暗な画面のまま

てな感じです。

電源入って緑色のXboxロゴから、ホーム画面へ行ってくれない・・・

この時はただ、調子が悪いだけだと思っていました。

色々試してみたけどダメだった

試した方法

  • 全てのケーブル類を外して1日放置
  • モニターを別の物に変えた
  • PCからリモートで接続

ちょっと時間を置こうと思い、電源を切ってコンセント類も全て外して1日放置してみました結果は変わらず(汗)何度も再起動しても復活しませんでした。

試しにモニターを変えてみましたが、結果は変わらず。まぁ当たり前ですね。

そこで最後の手段として、PCからリモート接続を試してみましたしかしこれもダメでした

一応サポートに、「Xbox One の電源が入っている場合でも、テレビ画面やモニターに何も表示されない」というページがありました。

ここに対処法は記載されていますが、コレどおりにやってもダメでした。

Xbox One 本体の電源が入っている場合でも、テレビ画面やモニターに何も表示されない場合の問題解決のさまざまなヒントを紹介します。

「Xbox 360」のレッドランプ


今回「Xbox One」が故障した事で、「Xbox 360」のレッドランプを思い出しましたその名も「Red Rings of Death」!

「Xbox 360」の時はとにかく故障が多くて、”レッドランプ”が当時話題となっていましたね。

べえやんの「Xbox 360」も悪魔のレッドランプが点灯しサポートへ問い合わせたら修理が必要との事

仕方がなく修理に出しましたが、保証期間内だったので無償で修理ができました。それから1年も経たないうちに、また故障。

今度はディスクを読み込まない

本体を起動してメニューを見る事はできるけど、ディスクを読み込まないゲームを入れてもダメ、DVDを入れてもダメ

どうしようもないので修理へ出す事に。結果、故障の原因は「ディスクドライブ」でした保証期間も終わっていたので、修理代金として1万円ぐらいかかりました

修理するのはいいんですけどね。修理に出して返ってくるまでの期間が長すぎる2回とも返ってくるまで、2週間ぐらいかかりました

んでまたすぐ故障。「Xbox 360」は壊れやすいイメージがありました。壊れまくったのは「Xbox 360 アーケード」白い本体のやつです。

買い直したのは黒い本体の「Xbox 360 S」でしたが、不具合や故障もなく今でも起動してプレイする事ができます。

新品を買う事にした!

Xboxが壊れたら「新品」を買う事をおすすめします。理由は「一度故障したゲーム機は、再度故障する確率が高いから」です。(べえやんの経験上の話しです)

保証期間内だったら修理に出すのもありですが、返ってくるまで2週間ほどかかるので、その間ゲームが出来なくなります。

「Xbox One」。2年と9ヶ月、本当にお疲れ様でした。

そして、新しい「Xbox One」を購入します!!そこで悩むのは2機種ある事。


本命は「Xbox One X」ですが、どのショップも在庫がないし、あっても転売屋が高い値段で販売している

で、もう1つは「Xbox One S」。スリム版ですね。これは在庫が大量にあるし、期間限定の値下げでかなり安くなっています

「Xbox One X」はとにかくスペックが高い!んで、家庭用ゲーム機では初の「ネイティブ4K」に対応している

「Xbox One S」は、初代Xbox Oneと性能が一緒。違いは本体がスリムになったのと、「HDR」と「4Kストリーミング」に対応している

悩みに悩んだ挙句、買う事にしたのは「Xbox One S」です。

「Xbox One S」が良い理由


理由は

  • 単純に安いから
  • 現状「Xbox One X」専用のソフトがないから
  • 4Kモニターを持っていないから
  • 日本でのサポートが弱いから

です。

またXboxの責任者であるフィル・スペンサー氏も、「Xbox One S」が”Xbox市場のメイン”と語っています。

更に「Xbox One X」は、ハイクオリティーを求める人の為のゲーム機で、万人向けではないともコメントしています。

「Xbox One」の購入で悩んでいる人は、上記を参考にしてみてください。

あと今後は日本で「Xbox One」が盛り上がる事はないと思いますし、魅力的なタイトルもPS4に比べるとやっぱり少ないんですよ。

現状、国内版が発売されないタイトルも多いですしね。

後日「Xbox One S」が届いたら、簡単にレビューを書こうと思います。

追記:後日談

新品を購入しようとしていたんですが、復旧させる為の兆しが見えまして。

ボケーッとネット見てたら、緑のロゴ画面から進まないのは海外ではけっこう有名な症状らしく。「Green Screen of Death」なんて言われているそうです。

なんか、Xbox 360のレッドランプ「Red Ring of Death」と、似てる(笑)

で、調べてたら一応対処法が見つかりました。

対処法は「オフライン システム アップデート」です。

これはUSBを使って、オフラインでXbox Oneをアップデートする方法です。

本体を起動する際に緑または黒の画面が表示される場合、本体の電源を入れる際、またはアップデートの際に "E" エラー コードが表示される場合、オフラインで本体をアップデートしたい場合は、どうすればよいですか?

手順としては

  • USBメモリ3.0(4GB以上)を「NTFS」でフォーマットする
  • USBメモリ3.0にアップデート ファイル”OSU1”の「$SystemUpdate」のみを保存する
  • Xbox Oneの電源を完全に切る(プラグを抜いて30秒以上)
  • 本体の接続ボタン(左側面)とイジェクトボタン(本体前面)を押しながら、本体のXboxボタンを長押しする(10~15秒)
  • 電源オンの電子音が2回鳴ったら、接続ボタンとイジェクトボタンを放す

そうすると下記の画面が表示されます。


そして右上の「オフライン システム アップデート」を選択。

これで上手くいけば復旧が完了となりますが・・・ステップ3の86%からが、ものすごく長いです。

結果、オフラインでは1度だけ起動しましたがオンラインに繋げると、また緑色のロゴから真っ暗な画面へ・・・

最後に「出荷状態」へ戻すリセットを行ってみました

そしたら見事直りました!!緑のXboxのロゴから進まなくなったら手っ取り早く本体をリセットするのがいいと思います

オフラインのアップデートは、けっこう時間がかかるので(汗)

まだ本体をリセットしてから数時間しか経っていないので、数日様子を見てまた症状が現れたら新品を購入する事にします・・・

少し長くなりましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

今日はXbox One専用の独占タイトルをご紹介します。独占タイトルとは、その機種のみでしか、遊べないゲームです。Xbox One...
PS4は初代のモデルが、2014年2月22日に発売されました。今ではスリム版や高性能版など様々なモデルがあります。そろそろPS4に...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク