「レインボーシックスシージ」あの特殊部隊は参戦しないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
jpn-sit

発売延期になりましたが、嬉しいような悲しいような。発売前に新作が、どんなゲームになるのか妄想するのが楽しいんですよね。レインボーシックスと言えば、特殊部隊。世界各国の特殊部隊が参戦する予定ですが、日本はどうなんでしょう?もし参戦したらけっこう面白いと思うんですけどね~。でもあんまり日本の警察とか特殊部隊のゲームって見た事ないですよね。

スポンサーリンク

日本にもちゃんとした特殊部隊があった!

最近では、日本の特殊部隊の認知度も増えているようですね。

しかし、まだその存在を知る人も多くはないはず。海外のように、凶悪犯罪が多くはないのから、メディアで取り上げられる事も少ないのかも。

テロとか、立て篭もりとか。海外では頻繁に、このような凶悪な犯罪が多いので知名度は高いのかと。

アメリカの特殊部隊、「SWAT」は世界で一番有名かもしれません。このSWATは映画化されるぐらいですからね。
アメリカ特殊部隊SWATになりきれる「Rainbow Six Siege」の新着情報が公開!

かなり前から日本に特殊部隊が存在していた

創設されたのは、1977年11月1日。

特殊急襲部隊で、英名が「Special Assault Team」。略して、「SAT」。

ものすごく、SWAT意識しているネーミングです。

ちなみに、SWATは、「Special Weapons And Tactics」。

でも日本のSITは、ドイツの特殊部隊、「GSG-9」を参考にしているそう。

日本の特殊部隊は少し不安

何年か前に、SITの公開訓練をテレビで見た事があります。

「ん?」これは特殊部隊なのか?と思うような光景で、言い方は悪くなるが不安に思った。

立て篭もり事件を想定し、突入作戦。フラッシュグレネードを何故かドア全開で投げているし、突入するスピードが遅すぎる・・・

自分で実践したわけではないので、偉そうな事は言えません。

しかし、ツッコミどころ満載で不安要素たっぷりでした。Youtubeで見る事ができます。

世界的に見て日本は安全な国

海外から見て、日本はとても治安が良いイメージがある。

実際海外と比べると、かなり治安はいいと思うが、犯罪がある事には変わりはない。

この治安が良いイメージがある為か、日本に特殊部隊がいる事を知られていないかもですね。

海外では、日本が中国として見られる事も多いとか。

レインボーシックスシージに「SIT」が参戦しない理由

まだ発売前なので、分かりませんが恐らく登場しないかと。

参戦しない理由として考えられるのは

  • 世界での知名度が低い
  • 戦闘力に不安がある
  • 日本の警察のイメージダウン

この中でも最も濃厚なのが、「日本の警察のイメージ」。

武器を所持してはいけない国。よって犯罪者を銃殺する事も少ないし、簡単に撃つ事はないんですね。

日本の警察を、テーマにしたゲームもほとんどありません。

もしゲームにSITが登場して、銃をバンバン撃ってたら確実に批判が殺到するかと。

最近の日本は、かなり過保護ですからね。

日本が安全というイメージ。日本人から見た、日本の警察のイメージ。

ここが大きく関係しているのだと思います。真相は分かりませんが、闇が深そうですね。

Rainbow Six Siegeのゲーム内容と特典が豪華すぎる

PS4

Xbox One

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です