3DSって種類が多いけど何が違うの?はじめて3DSを買う人にオススメの本体はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
new3ds_01

数年前に爆発的な人気が出た3DS。以前は品薄状態で値段も高く、簡単に買える物ではありませんでした。最近では、人気が少し落ち着いてきました。店頭でも通販でも在庫があり、価格も手頃になっています。種類も多くどれを買えばいいか、悩んでいる人も多いと思います。そんな方に、どれを買えば満足出来るかオススメの3DSをご紹介します。

スポンサーリンク

現在発売されている3DSは全部で5種類ある

ニンテンドー 3DSは、初代モデルが2011年2月26日に発売されました。

社会現象を起こした超人気の携帯ゲーム機で、一時期品薄状態になりました。

コンセプトは「持ち歩く、響きあう、毎日が新しい」。

子供はもちろん、幅広い世代の方が楽しめるゲーム機なんです。

ニンテンドー3DS

%ef%bc%91

ニンテンドー3DS 型番:CTR-001

発売日:2011年2月26日
価格:15,429円(税込)

ニンテンドー3DSは、2004年に発売された「ニンテンドーDS」の後継機です。

本体には2つの画面があり、下の画面がタッチパネルになっています。マイクやカメラの機能もあります。

裸眼でも3Dを体験できる、「裸眼3Dディスプレイ」を搭載。上の画面が、3Dの立体映像になります。

ニンテンドー3DS LL

%ef%bc%92

ニンテンドー3DS LL 型番:SPR-001

発売日:2012年7月28日
価格:19,440円(税込)

ニンテンドー3DS LLは、「ニンテンドー3DS」のサイズを大きくした本体です。

本体はもちろん画面は約1.9倍大きくなっており、大きな画面でゲームをプレイする事ができます。

本体が大きくなった事により、画質も少し良くなっています。

またボタン類の配置も改善されています。これにより「ニンテンドー3DS」で問題だった、ボタンの押し間違いも改善されています。

Newニンテンドー 3DS

%ef%bc%93

New ニンテンドー3DS 型番:KTR-001
発売日:2014年10月11日
価格:17,280円(税込)

「Newニンテンドー 3DS」は、従来の3DSから性能が上がっています。

更に新しいボタンや、スティックが追加されています。これにより、快適にゲームをプレイする事が可能となっています。

Newニンテンドー3DS LL

%ef%bc%94

New ニンテンドー3DS LL 型番:RED-001

発売日:2014年10月11日
価格:20,304円(税込)

Newニンテンドー3DS LLは、「Newニンテンドー 3DS」のサイズを大きくした本体です。

「Newニンテンドー 3DS」と同じように性能が上がり、ボタンやスティックが追加されています。

ニンテンドー2DS

%ef%bc%95

ニンテンドー2DS 型番:FTR-001

発売日:2016年9月15日
価格:10,584円(税込)

ニンテンドー2DSは日本より先にアメリカで、2013年12月7日に発売されました。

3D表示非対応で、本体は折りたたむ事ができません。またボタン類は上部に配置されています。

ニンテンドー2DSには、最低限の機能が搭載されています。なので他の3DSと比べると、お手頃な価格になっています。

各3DSの特徴・仕様

サイズ

  • 「ニンテンドー3DS」 縦74mm×横134mm×厚さ21mm(折りたたみ時)
  • 「ニンテンドー3DS LL」 縦93mm×横156mm×厚さ22mm(折りたたみ時)
  • 「Newニンテンドー 3DS」 縦80.6mm×横142mm×厚さ21.6mm(折りたたみ時)
  • 「Newニンテンドー3DS LL」 縦93.5mm×横160mm×厚さ21.5mm(折りたたみ時)
  • 「ニンテンドー2DS」 縦127mm×横144mm×厚さ20.3mm

重さ

  • 「ニンテンドー3DS」 約235g
  • 「ニンテンドー3DS LL」 約336g
  • 「Newニンテンドー 3DS」 約253g
  • 「Newニンテンドー3DS LL」 約329g
  • 「ニンテンドー2DS」 約260g

バッテリー持続時間

  • 「ニンテンドー3DS」 3DSソフト(約3~5時間)DSソフト(約5~8時間)
  • 「ニンテンドー3DS LL」 3DSソフト(約3.5~6.5時間)DSソフト(約6~10時間)
  • 「Newニンテンドー 3DS」 3DSソフト(約3.5~6時間)DSソフト(約6.5~10時間30分)
  • 「Newニンテンドー3DS LL」 3DSソフト(約3.5~7時間)DSソフト(約7~12時間)
  • 「ニンテンドー2DS」 3DSソフト(約3.5~5時間)DSソフト(約5~9時間)

充電時間は全てのモデルで、約3時間30分です。

無線通信は、2.4GHz帯(11b 1~13ch/11g 1~11ch)。ニンテンドー3DSシリーズの本体同士での通信プレイや、すれちがい通信ができます。

無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続する事ができます。通信距離は30m以内です。

充電する為の「ACアダプター」が別売り

%ef%bc%96
3DSを買う時の注意点は、「ACアダプター」が別売りだという事です。

普通充電器が付いてそうなイメージがありますが、ニンテンドー3DSには付属していません。

「ACアダプター」が唯一付属している本体は、初代モデルのニンテンドー3DSと、ニンテンドー2DSだけです。

これを知らないで本体だけを買うと、かなり面倒な事になります。

本体とソフトを買っても充電する事ができない。またお店に買いに行かなきゃならないし、通販でも注文しても届くのに最低1日はかかります。

ニンテンドー3DSを買う時は、「ACアダプター」も必ず一緒に購入してください。うっかり忘れてしまう事もあるので、先に充電器の「ACアダプター」からチェックすると安心ですよ。

はじめて買うのは「Newニンテンドー3DS」がいい

現在で一番新しい3DSは、「Newニンテンドー3DS」。はじめて買うなら、一番新しい物をおすすめします。

CPUの強化により、ゲームの起動やロードが圧倒的に速くなっています。

新しい物を買っておけば、今後発売される新作ゲームを問題なく楽しめます。

古い3DSだと今後対応していないソフトや、機能も出てくると思われるので、長く遊べる事はできないと思います。

新しい3DSは古いものと何か違うの?

Newニンテンドー3DSの、基本的な性能は一緒で、全く新しい物ではありません。

いわゆる「モデルチェンジ」された本体で、いくつかの新しい機能が追加されています。

  • ボタンの追加により快適なプレイが可能
  • 3Dブレ防止機能により更に美しいグラフィックを楽しめる
  • NFCが標準装備
  • テーマ機能の追加により、HOMEメニューを好きな壁紙に設定できる
  • インターネットブラウザーが使用できる

これだけ見てもやはり「New 3DS」をおすすめします。古い3DSに追加で付けていた物が、最初から搭載されています。

これにより余計な出費や、セッティングの手間も省けます。

また古いニンテンドー3DSより、性能が少し良くなっています。

本体の起動時間は、New3DSで約5秒。古いモデルで約12秒です。

内蔵ソフトの起動時間は、New3DSで約4秒。古いモデルで、約9秒です。

メニュー画面やホームに戻る時も、すいすい移り変わるようになっています。ゲームのロード時間が短くなっているのも素晴らしい点です。

「New 3DS」処理速度検証の動画

「New 3DS LL」をおすすめする理由

持ち運びや外出先などで、遊ぶのに小さい方が便利。しかしゲームプレイを重視すると、確実に大きい方が良いです。

本体が小さいので、画面も小さい。これアクションゲームやるのに致命的だと思います。個人的に小さいサイズは、子供向けだと思います。

アクションだけではなく、色々なゲームをやる上で、大きい画面は必須です。小さい画面だと、キャラクターやゲームの世界など、細かい所が見れない。その分ゲームの面白さも半減してしまうと思います。

べえやんが持っているのは、「New 3DS LL」です。基本アクションゲームをやる事が多いのと、LLじゃない3DSを触った時に、小さすぎて遊ぶのに苦労しました。

「New 3DS」でも、もちろん楽しむ事が出来ると思います。小さい分周辺機器も豊富で、外見を変えたりして楽しむ事もできます。

ゲームプレイを重視するなら「New 3DS LL」を選らんで間違いはないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です