ミクシィを救った「モンスト」アプリと3DS版の違いを考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
002

倒産寸前だった、ミクシィを救ったモンスト。モンストのおかげで完全復活を果たし、快進撃は続いている。アニメ配信も開始して、好調さが伺える中、3DS版のモンストが発表された。べえやんはモンストに全く興味がないが、売れまくっている理由が気になった。3DS版ではどのように変わるのか?

スポンサーリンク

キャラデザインと単純な操作性が人気の理由?

何事にも重要なのが、デザイン。モンストに登場するキャラクターは、可愛らしいものからカッコイイものまである。単純に覚えやすい見た目だと思った。

ゲーム性は一般的に多い、ダンジョンを攻略していくといったもの。

モンスト最大の売りでもある、「直感的な操作性」。モンスターをひっぱってはなす。モンスターを、モンスターに当てて倒すといったゲームだ。

シンプルかつ奥深いゲーム性。キャラも操作も単純に見えるが、シンプルの中に隠れているキャッチーな要素が多くあると思った。

3DS版モンストは「RPG」のようなゲーム

ストーリーは記憶をなくした主人公が、仲間と共に謎を解いていく物語。

配信されているアニメと同じ世界観で、作られたゲーム。アニメと同じ主人公達が登場する。

アプリとの違いは、ちゃんとした物語がある所。アプリは単純に、クエストをこなしていくだけ。

ストーリーがあるかないかで、雰囲気はガラッと変わる。

見た感じ、学園モノっぽく子供受けが良さそう。

アプリと3DS版の大きな違いはあるのか?

スマホでは縦長だったのに対し、3DS版は横長のワイドになっている。

操作はアプリと同じで、ひっぱってはなすのは変わらない。

まだ情報は少なく、はっきりとした違いは「RPG」になっているという事だけしか分からない。

ソシャゲ要素の課金や、クエストをやる為のスタミナはないと思う。

ソフトさえ買ってしまえば、やったらやった分だけ欲しいモンスターが手に入ると思われる。

ガチャも実装されているそうだが、3DS版独特の物になっているそうだ。

発売は「2015年12月17日」特典もある!

パッケージ版は4500円、ダウンロード版は4500円。かなりお安いです。

ジャンルは「ひっぱりハンティングRPG」。

早期購入特典は

  • 虹メダル1個
  • 獣神玉
  • パワタス、スピタス、ヒトポタス、各一体ずつ
  • ステッカー

予約特典では、イヤホンジャックがもらえる。

スタートダッシュを決めるには、どれも重要なアイテム。虹メダルは、レアモンスターを必ずゲットできるアイテム。確実に特典を、手に入れた方がいい。

アプリと3DS版の違いを考察した結果・・・

「課金が必要ないモンスト」だと思った。RPGになり新要素は多くあるが、基本的な戦闘はアプリと何ら代わり映えしない。

スマホのアプリで、消えない問題が課金だ。ソシャゲの課金は切りがなく、新しい物がどんどん出る。

しかもたちが悪いのが、欲しいアイテムやキャラが簡単に手に入らない。

一度の額が低くても、何度もやればスゴイ金額になる。大人がプレイするのであれば、自分で稼げばいい。

子供だとまだ課金の意味をあまり知らず、バンバンお金を使い親が泣く・・・

3DS版なら、ソフトさえ買ってしまえば課金はいらないと思う。

まだ発売前だが、ここで運営の対応が分かると思う。3DS版でも、課金要素を出してきたら終わりだと思う。

Nintendo 3DS

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です