「スマホゲーム市場」課金ランキングで世界一位は”日本人”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
6

日本ではソシャゲーが流行り、スマホでゲームをする人が多い。コンシューマーでは売上が下がる一方で、スマホのゲームは上昇中。ここで、面白いランキングが公開された。ある意味日本はスゴイです(笑)

スポンサーリンク

テレビゲームの売上は年々下がっている

ここ数年の間で、テレビゲームの売上は一気に下がっている。テレビゲームの代わりに、スマホゲームが流行っている状態だ。

テレビゲームをやっている人も、薄々この事態に気付いているかと・・・

前と比べると、オンラインで遊ぶ時の人口が圧倒的に少ない。過疎っていると思うが、新作でも同じ。

少し前ではマルチプレイに参加すると、プレイヤーが多くいた。べえやんもプレイしていて、明らかに人口が少ないのを感じる。

マッチングしても、部屋が満員になっていない。

今ではほとんどの人が持つ「スマホ」

「スマホ」、「iPhone」、「タブレット」。現代では、ほとんどの人たちが持っていますよね。

どれか1つ持っていれば、ネットも見れるしゲームだって出来る。どこでも触る事ができるし、非常に便利な携帯電話だと思う。

時代の流れと共に、進化した携帯電話。イメージ的には、超簡単に操作できる「パソコン」ですかね?

パソコンは、知識や技術がいる。値段もそこそこする。こう考えると、スマホはかなり便利なアイテムだと思う。

現代人はスマホ中毒になっている

べえやんも、これはたまに感じます。暇さえあれば、スマホを触っていますからね。

電車や、バスの中。外食した時や、信号待ちの時。歩きスマホをする人も多い。暇がなくても、スマホを触りたくなってしまう。

多くの人がスマホでやっている事は、「SNS」と「ゲーム」だ。LINEやTwitterを、逐一チェックする。

これと交互にゲームで遊んでいる。食事中や、テレビを見ている時でも手放さない。

特に中毒性が強くハマりやすのが、スマホゲーム。全世界で配信されているスマホゲームは、日本人が一番ハマっているそうだ。

アメリカの調査会社「EEDAR」が発表したランキング

アメリカの調査会社「EEDAR」が、スマホゲーム市場を公表した。この市場を見ると、一目でヤバイ事が分かる。

日本人はスマホゲームで、1ヶ月に使う平均課金額が「約2970円」との事。これは、世界で一位の数値だそう。

スマホゲームの人口は、15億人との事。日本人での人口は、4580万人。これは、中国の8分の1の人口だ。

  1. 日本=24.06ドル
  2. 韓国=12.83ドル
  3. 北米=6.61ドル
  4. 中国=2.88ドル

日本は圧倒的な差で、一位になっている。しかも1週間のプレイ時間は、一番少ない。ゲームをやり込まないで短期間で、多く課金をしている。

スマホゲームの課金に対して自分がどう思うか?

スマホゲームの課金は、一般的に見て悪いイメージが定着している。

課金を前提とした作りのゲームも多いらしく、「パチンコ」の延長線上とも言われている。

べえやんの考えでは、課金は決して悪い事だとは思いません。

自分が楽しめているなら、問題ない。課金する事で、面白さが増すのであればいいんじゃないですかね?

ただ他人に迷惑をかけるのであれば、速攻でやめるべき。スマホゲームにお金を使って、それ相応の物が手に入るのか?

べえやんはスマホゲームはあまりやらないし、課金もしません。お金を使うのは個人の自由だが、課金する事により、それだけの価値があるのかを考えるべきだと思います。

最近、日本でテレビゲームが売れなくなった最大の理由

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です