大朝鮮連邦からアメリカを救え!「ホームフロント レボリューション」オープンワールドFPS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

遂に日本公式サイトがオープンした、「ホームフロント レボリューション」。前作もかなり良かったが、新作は想像以上!また設定が面白いんですよね~。

スポンサーリンク

ゲリラの戦いを描く正当な続編

3
前作「ホームフロント」の発売日は、2011年4月21日。約5年ぶりとなる新作だ。

「ホームフロント レボリューション」は、前作からの続編となり世界観の設定は同じ。

前作では、「北朝鮮人民軍」に占領されたアメリカを舞台にしたストーリー。

非現実的な内容だが、実際に起こる可能性も捨てきれない。架空の話だが、少しリアルっぽい世界観が描かれている。

ゲリラが再び「大朝鮮連邦」に戦いを挑む!

2
前作「ホームフロント」の、時代設定は2027年。新作の「ホームフロント レボリューション」では、2年後の2029年が設定されている。

2年がたった今でも、アメリアカの侵攻は終わらず、「大朝鮮連邦」に占領されている。祖国を解放する為に、再びアメリカのゲリラが奮闘する物語。

実際考えると、アメリカの方が圧倒的に強い気がする。しかし「ホームフロント レボリューション」では、「大朝鮮連邦」の方が上で、手も足も出ない。

しかしゲリラも黙ってはいない!新作で追加される要素で、戦いを有利に進められるんです!

オープンワールドで環境を活かした戦術

4
「ホームフロント レボリューション」には、ゲーム内に時間が存在する。昼や夜に天候などが、リアルタイムに変化する。

圧倒的な戦力を持つ、大朝鮮連邦(KPA)には「環境を利用した戦術」が鍵となってくる。暗い場所でのステルスとか。

正面からの戦闘は難しいから、1人1人確実に倒した方がいいって事ですね。

メインの戦略はステルスとなり、派手な銃撃戦は避けた方がいいのかも。

カスタマイズ要素を活用して戦闘を有利に

3
銃のカスタマイズは、ゲーム中いつでも行なう事が可能。サイレンサーや、サイトにグリップ。

これもかなり重要となってきますね。状況に合わせて武器を選んだほうが、スムーズに進む。

地味に敵が遠いと、遠距離スコープが欲しい。逆に近いと攻撃しにくいから、柔軟に対応できるシステムでいいと思う。

また武器がゲリラ仕様になってて、カッコイイんですよね!

やりこみ要素が高い「協力プレイ」

「ホームフロント レボリューション」は、最大4人で協力プレイをする事ができる「Resistance Mode」。

シングルキャンペーンとは別のモードで、多彩なミッションがあるとの事。大朝鮮連邦(KPA)に強襲したり、護送など。

ミッションをクリアすると、報酬でカスタムをする事ができる。キャラの外見から、武器、スキルまで。

キャラのカスタムがあると、やりこみ要素が高くなる。装備を集めて好きな見た目にするのが、また楽しいんですよね!

絶対にゲットしたい「初回限定特典」のアイテム

公式サイトのオープンに合わせ、「初回限定特典」も公開されています。

「初回限定特典」では、シングルプレイと協力モードで使えるアイテム。
2
シングルプレイでは、バイクスキンの「レッドススカル」と、ハンドガンの「ゴールデンスキン」。

協力モードでは、「スナイパースコープ」「リモート爆弾」「マークスマンライフル」。

初回限定特典のアイテムをゲットすれば、戦いが有利になるかも。

「ホームフロント レボリューション」は影に隠れた名作FPS

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です