血まみれどころじゃない・・・最新作「DOOM」の過激すぎるアクション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1

最新作「DOOM」の発売日が、遂に決定!公開された情報は、とにかく過激。これは、日本で発売する事ができるのか?気になる新着情報をお届けします!

スポンサーリンク

最新作「DOOM」はリブート作品

最新作「DOOM」は、続編ではなくリブート作品との事。リブート作品とは、作品のコンセプトを残しつつ、新しく作り直した作品の事。

ゲームの良い所を残しつつ、画期的なアイデアを入れる。こうする事により、作品が新しく生まれ変わる事ができる。

「DOOM」は、FPSの代表する1つのゲーム。第1作目は、1993年に発売されかなり昔のゲーム。

昔のゲームだが、2012年に「DOOM 3: BFG Edition」が発売されているので、知っている人も多いかと。

洋ゲーファンとFPSファンには、たまらないゲームだ。

洋ゲーっぽいハチャメチャなストーリー

3
ストーリーは主人公である、宇宙海兵隊の奮闘を描く物語。火星の基地で行われていた、「瞬間移動装置」の実験中に、地獄への扉が開いてしまう。

地獄からは、大量のデーモンがやってきて、基地の人間達を皆殺しにする。殺された人間はゾンビになり、主人公に襲いかかってくる。

主人公は唯一の生き残りである。デーモン達に占領された基地から無事逃げ切る事はできるのか。

まさに洋ゲーって感じのストーリーですね!海外のSF映画でもありそうな物語だ。

新要素満載のアクションで暴れまくる!

新作には欠かせない「新要素」。今作の「DOOM」は、リブート作品となるが、しっかりと新要素が追加されている。

ただのFPSではなく、銃を撃つだけではない。接近戦では、敵の一部を剥ぎ取りそれで攻撃する事ができる。頭を踏み潰したり、体を切り裂いたり、とにかく過激なアクション。

過激なアクションでは、スピーディーな動きが特徴。動き回る事でライフが回復するので、常に動き回っている事が重要かも。

チェーンソーで切り倒し、ショットガンで粉砕する!公開されたトレーラーでは、過激すぎる内容を確認する事ができた。

最新作「DOOM」は日本で発売されるのか?

2
本当にスゴイです。とにかくゴア表現満載で、日本では発売できないんじゃないかと思うぐらいヤバい。

前作「DOOM 3: BFG Edition」が、日本で発売されている。しかも最新作「DOOM」は、日本の公式サイトもしっかりある。

これらを見ると、日本での発売には期待が持てると思います。

規制については、多分されないかと。少し前までは、表現の規制が厳しかった。でも最近は規制なしで、海外版と同じ内容で出来るゲームが多い。

「フォールアウト4」なんて、人間のキャラクターでも頭が吹っ飛びますからね・・・

海外では既に予約が開始されている

5
最新作「DOOM」の発売日は、2016年5月13日。日本での正式発表はされていないが、公式サイトがあるので発売決定は濃厚かと。

海外では予約が開始されている。通常版に加え、「Doom: Collector’s Edition」がある。

デーモンのフィギュアが、これまたグロイ!!ゲーム内コンテンツも特典としてあるそうです。

日本で発売が決まったら、特別版はあるのか?正式発表が待ち遠しいですね。

最強にグロいゲームがやりたい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です