新要素とか消えたシステム「デッドライジング4」雑な感想&レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
%ef%bc%90%ef%bc%90

遂に発売された、待望のデッドラ最新作「デッドライジング4」。早速ストーリーモードと、マルチプレイモードをプレイしてみました。ゾンビパラダイスは健在で、期待通りの作品になっています。少し物足りない点としては、マルチプレイのボリュームが少ない点です。

スポンサーリンク

デッドラの世界観が味わえる「ストーリー」

%ef%bc%91%ef%bc%93
「デッドライジング4」でのストーリーモードは、1人プレイ専用です。

「デッドライジング2」「デッドライジング3」では、ストーリーでの協力プレイが可能でした。

本作のストーリーでは初代デッドラのウィラメッテが舞台となり、再びアウトブレイクが起こります。

主人公はデッドラ1の「フランク・ウェスト」で、その原因を究明するべく、再びウィラメッテに向かいます。

政府や軍の陰謀が垣間見え、デッドラシリーズのストーリーっぽさが演出されており、シリーズファンには楽しめる内容だと思います。

本作には、日本語字幕と日本語音声が収録されています。日本語音声もあるので、忙しい操作時にもちゃんと物語が頭に入ってきます。

お金やシェルターなどの「新要素」

「デッドライジング4」には、いくつかの新要素が追加されています。

アイテムを購入する為の「お金」や、セーフハウスの代わりとなる「シェルター」など。

ストーリー中、ランダムに発生するイベントもあります。

避難用シェルター

%ef%bc%91%ef%bc%94
セーフハウスのような「避難用シェルター」。マップにいくつか点在しており、シェルター内のゾンビを殲滅すると解除する事ができます。

シェルターを解除すると、アイテムが購入できるショップが出てきます。
%ef%bc%91%ef%bc%95
生存者が各カテゴリーのアイテムを販売しています。

  • 武器
  • フード
  • 服装
  • マップ
  • 車両

これらを購入するには、スクラップが必要となります。

また「避難用シェルター」にはレベルが存在し、生存者を助ける事でレベルが上がります。

レベルが上がると、ショップの品揃えが良くなっていきます。

お金の代わりとなる「スクラップ」

スクラップはゾンビを倒す事や、各所にある引き出しやカバンから入手する事ができます。

スクラップは「避難用シェルター」のショップで、アイテムを購入するのに使えます。

ランダムに発生するイベント

ストーリーをプレイ中に発生する、ランダムなイベント。

敵を倒したり、生存者を救助したり、色んなイベントがあります。

イベントをクリアする事で、リワードやスクラップを手に入れる事ができます。

「カメラ」の新機能

%ef%bc%94
「カメラ」にはいくつかの新機能が追加されています。

発売前から話題となっていた、「自撮り」。暗い場所でも撮影ができる、「暗視モード」。

更にストーリー中の謎を解くのに必要な、「スペクトラム アナライザー」。

ただ写真を撮るだけでなく、シーンに合わせた使い方ができるようになっています。

スキルツリーと便利なアイテム管理

本作には、キャラクタースキルが4つ存在します。レベルアップ毎に1ポイントもらえます。このポイントを使ってスキルを強化していきます。

アイテム管理では、「武器ホイール」が搭載されています。カテゴリー分けされているので、アイテムの管理がやりやすくなっています。

スキルは4つのカテゴリーがある

%ef%bc%99

  • 「乱闘」近接攻撃系のスキル
  • 「忍耐力」ライフ系のスキル
  • 「射撃」銃のスキル
  • 「サバイバル」アイテムスロット増加やPPアップ系のスキル

自分のプレイスタイルで、強化していくスキルを選ぶといいです。

べえやんは、「忍耐力」にポイントを振っています。今作では、敵の攻撃が当たったから分かりにくく、けっこう手数が多いです。

体力をしっかりと見ていないと、瀕死状態になってる事が多かったので、ライフ系を強化しています。

便利なアイテム管理

%ef%bc%93
本作では十字キー長押しで、武器ホイールを出す事ができます。

今までのデッドラでは、全てのアイテムが全部同じ場所で管理でした。

十字キー → 長押しで「遠距離武器」

十字キー ↑ 長押しで「近接武器」

十字キー ← 長押しで「投擲武器」

十字キーを1回押す事でも、アイテムの変更が可能です。

アイテムホイールの実装により、アイテム変更や管理がとても便利になっています。

デッドライジングの醍醐味「コスプレ」

%ef%bc%95
マップ内には様々なコスチュームがあり、着替える事ができます。

過去作を見てもコスチュームの数が豊富なので、本作でもそれなりに数が多いと思います。
%ef%bc%96
女装をしたり、カッコよくキメたり。自分の好きな服装にできるから、これもデッドライジング4の醍醐味です。

従来のシリーズ同様、変態っぽいコスプレをして楽しむ事も可能です。
%ef%bc%97
服装での追加要素では、「タトゥー」がありました。これはショップで購入する事ができます。

武器と車両の「コンボ」も健在

%ef%bc%91%ef%bc%90
デッドライジング2から追加された、「コンボ」。アイテムを組み合わせる事で、強力な武器を作る事ができます。

%ef%bc%91%ef%bc%91
また武器の他に、車両も組み合わせる事で「コンボ車両」を作る事ができます。

コンボ武器を作るにはマップ内に落ちている、設計図を入手する必要があります。

「マルチプレイ」は2日間を生き延びるモード

%ef%bc%91%ef%bc%92
デッドライジング4のマルチプレイは、最大4人で協力プレイができます。

マルチプレイモードでは、4つエピソードがあります。2つのパートに分かれていて、1日目と2日目で構成されています。ミニゲームみたいな感じで、1マッチ30分程度で終わります。

1日目の始まりに、毎回ランダムな目標(ミッション)が与えられます。

各エピソードには様々なミッションが用意されており、これをクリアする必要があります。ミッションをクリアする事で、ポイントやクレジットをもらう事ができます。新しいエピソードを解除するには、一定数ミッションをクリアする必要があります。

ゲームの目的としては、高スコアを出して世界ランキングに挑戦する感じです。

マルチプレイの流れ

マルチプレイでは、メモリアル メガプレックスの「モール内」が舞台となります。

1日目は、セーフハウスから始まります。開始直後は、待機時間がありすぐに外に出る事はできません。

この時間を活用し、アイテムを揃える感じです。アイテムは落ちているものや、自販機で購入する形です。自販機のアイテムは、「スクラップ」で購入できます。

マルチプレイの主な目的は、ミッションをクリアする事。

制限時間があり、午前0時までに新しいセーフハウスにたどり着ければ1日目がクリアとなります。

制限時間内に、より多くのミッションをクリアする事で、PPとクレジットをたくさんもらく事ができます。

2日目を生き延びればエピソード完了

2日目もセーフハウスから始まります。1日目と違うのは、集めたアイテムを所持している事です。

1日目に強い武器を集めておく事で、2日目を有利に進める事ができます。

2日目の流れも1日目同様、制限時間内にミッションをこなしながら、セーフハウスへたどり着く感じです。

1日目と2日目をクリアする事で、無事エピソードが完了となります。

マルチプレイにかかる時間は30分ほど。さくっとプレイできますが、少し物足りないです。

キャラクターの育成要素

%ef%bc%98
マルチプレイでは、4人のキャラクターを選ぶ事ができます。キャラクターには特別なスキルなどはなく、違うのは見た目と初期装備だけです。

  • 「Isaac Tremaine」大ハンマー
  • 「Jessa Yatsuda」ショットガン
  • 「Jordan Maxwell」手榴弾
  • 「Connor McMann」スーパースプレー(回復)

ストーリーと同じく、PPを獲得する事でレベルが上がっていきます。

スキルはストーリーと同じもので、どのスキルから強化するかは自分次第。

キャラの初期装備に合わせて、スキルを強化していくのもありだと思います。

キャラは、服装などの見た目を変える事ができません。キャラクターの数も4人と少ないし、やはりボリュームが足りない気がします。

マルチプレイの特典

マルチプレイにはトライアルがあり、クリアする事で特典をもらう事ができます。

特典は強力な「ゴールド コンボ武器」の設計図です。

この設計図を手に入れるには、イベントリーの「ゴールドバー」が必要となります。

コンボ武器の作成に必要な「設計図」「部品」「ゴールドバー」で、作成する事ができます。

物足りない「マルチプレイ」

本作のマルチプレイには、協力モードが1つしかありません。上記で説明した、エピソードを最大4人でプレイするものです。

これはこれで面白いのですが、過去作をプレイしていると少し物足りなく感じます。

過去作(デッドラ2、3)では、ストーリーモードで協力プレイができました。フレンドと長い時間をかけて、ストーリーを楽しむ事ができました。

真剣に物語を楽しんだり、広大なマップを探索したり。「デッドライジング オフ・ザ・レコード」ではフレンドリーファイアになってたので、フレンドと対戦する楽しみ方もありました。

小さな楽しみ方としては、カッコいい服装や、キモい服装でフレンドを笑わせる事。

これらのように過去作で楽しめた事が、デッドライジング4では出来なくなっています。

やはり物足りないので、ストーリーで協力プレイができるようにしてほしかったですね。

あとはもう少し長く自由に遊べる、「サバイバルモード」みたいなのが欲しいですね。

「デッドライジング4」で無くなったもの

「デッドライジング4」の主人公は、初代デッドラの「フランク・ウェスト」さんです。

フランクさんはゾンビとの戦いで、人類最強のジャーナリストです。

初代デッドラでは、「体術」が多くありました。「ラリアット」とか「サマーソルトキック」とか。

残念ながら本作では、このような「体術」がありません。初代デッドラをプレイした方には、少し物足りなく感じると思います。

もう1つ残念な点は、「サイコパス」が登場しない事です。

”サイコパスもどき”のような敵は登場しますが、インパクトが薄い。

ゾンビだけでなく、強烈なサイコパスがいる事で展開が面白くなっていたんですよね。

新要素も良いですが、シリーズ恒例の要素がなくなるのは寂しく感じました。

Xbox Oneだけでプレイできる 「独占タイトル」まとめ13タイトル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です