「マッドマックス」感想&レビュー!超絶オススメな理由を3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
01

10月1日の発売日から、少し遅れ我が家に届きました。さっそく開封しインストール。6時間ほどプレイしました。これは今までありそうでなかった、新感覚。迷っている人は、絶対に買った方がイイ!マッドマックスがやりたくなる!簡単に感想をお伝えします。

スポンサーリンク

オープンワールドを本気で生きるサバイバル

本作は、映画「マッドマックス2」の、荒廃した世界がベースとなっている。

文明が崩壊し、荒れ果てた広大な砂漠。ここで生き残る為には、どんな事でもやらなければいけない。

「生き延びたければただ残酷になれ」。

情があっては、全て奪われる。殺られる前に殺れ。

この世界で生き延びる為には、「マッド(気が狂う)」になるしかない。

完璧に、マックスになりきれるゲーム。だがプレイヤーも、「マッド」にならないと攻略できないゲームだ。

デス・ロード!?MAD MAXのゲームってどんな感じ?

ゲームシステムがリアルすぎる

印象的なシステムが多くあり、プレイしてからすぐさまハマってしまった。

体力を回復するのは、水やドッグフード。食料はごく僅かで、水は水源があり、補充したらなくなってしまう。また水が貯まるには、時間がかかる。

ここまでは分かるが、本気だと思ったのが、「ウジ虫」。

生き残る為に手段は選べず、体力が減っていればウジ虫も食べなければならない。しかも、死体に湧いてるやつ。

ゲーム中に最も重要になるのが、マックスの愛車「マグナム・オプス」。現実と同じように、「ガソリン」がなければ走る事はできない。

ガソリンを気にしつつ砂漠を走るので、単にカーアクションを楽しむだけではない。ガソリンを補充しなければ、歩いて砂漠を移動する事になる。

何をするにも物資が必要で、簡単には手に入らない。リアルさを追求していると思った。

何をやっても抜かりない完璧なアクション

戦闘システムは、主に「カーアクション」と「殴り合い」。

素手での戦闘は、バットマン・アーカムシーリーズと似ている。バットマンよりは、操作しやすくてテンポ良く攻撃する事ができる。

パンチの一撃が重く、ヒットした瞬間の爽快感が素晴らしい。銃やナイフもあるが、使用回数が限られている。

カーアクションでは、ド派手な体当たりが病みつきになる。敵の車に激突し、パーツが吹っ飛び爆発する。

爆発表現がすごく、まるで映画を見ているかのような迫力。

パンチ一発、車のエンジン音や排ガス。全てのアクションが、最大限に表現しきれていると思った。

過激な内容だから規制もある

海外版から修正されたところ

  • 血の量を少なくし、色に変更はなし
  • グロ表現、残酷な描写の死体を削除
  • 部位欠損した場所の部分を暗い色に変更

今の所プレイしていて、気になる部分はなかった。敵が人間のキャラクターという事もあり、グロ表現はなくても問題なくプレイできる。

その前に迫力が凄すぎて、グロ表現なんか目に入ってこない。

「マッドマックス」超絶オススメな理由を3つまとめ

  1. リアルすぎるサバイバルを体感できる
  2. 細かい所まで作りこまれたゲームシステム
  3. 稀に見る完璧すぎるアクション

これだけ揃っているアクションゲームは、なかなかありません。

ストーリーはありがちな、「お使いミッション」。

同じような要素を持つゲームは、いくらでも存在する。でもマッドマックスにしかない世界観を確立出来ているゲームだと思う。

「リアルなアクション」、「極限のサバイバル」、を求めている人には絶対にプレイしてほしいゲームです。

荒野で激しいカーチェイス!新作ゲーム「マッドマックス」のアクション要素を公開

PS4

Xbox One

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です