想像を超えた!「フォールアウト4」プレイした感想&レビュー

発売から1ヶ月ぐらいしてから、やっとプレイしました。やる時間もなかったし、出来ればやりたくなかった・・・フォールアウト4は、想像を超えるゲームだった。(※ネタバレあり)

スポンサーリンク

「フォールアウト」シリーズの世界観は健在

2
べえやんが初めてプレイしたのは、「フォールアウト3」。2008年12月4日に発売され、既に7年もたっている。

21世紀に起こった核戦争後の、荒廃した世界を描いている。オープンワールドRPGで、かなり広いマップ。やりこみ要素は果てしなく、全てをやる前に飽きてしまうレベルだ。

べえやんは「フォールアウト3」にハマりすぎて、毎日徹夜でプレイしていました。

眠いのに面白すぎて、やめる事ができない!「フォールアウト4」も想像を超えるほどの、出来栄えでした。

「フォールアウト4」の没入してしまうストーリー

フォールアウトシリーズでは、5作目となる「フォールアウト4」。

フォールアウト3から10年後の物語で、マサチューセッツ州ボストンが舞台。

アメリカ本土に核が落とされ、主人公はシェルターであるVaultに避難するが・・・

こんな感じで、Vaultからストーリーが始まります。まだ数時間しかプレイしていませんが、ストーリーが進められない!

探索やサブクエストなど、やる事が多すぎる・・・

フォールアウト4の新要素で楽しみ方が広がる!

4
フォールアウト4の新要素として、「クラフトシステム」が追加された。

「クラフトシステム」で出来る事は、文字通り色々な物を作成する事が可能。建物や防御設備を作る事ができ、武器や防具を改造する事ができる。

これが今回、かなり重要なシステム。拠点となる場所では、クラフトでしっかりと設備を作らないといけない。

敵の侵入を防ぐ柵や、敵を攻撃するタレットなど。拠点には住民が住み着くので、生活環境を整える必要もある。

浄水器とか発電機とか、設置する物が多くストーリーが進められない・・・

自分で好きなように、拠点を作る事ができるから楽しい!町とか巨大な建造物を、作る事もできるんですよ!

規制がなく本来のゲーム性を楽しむ事ができる

3
「フォールアウト4」の日本語版は、規制がない!海外版と同じで修正されておらず、人間の部位欠損などそのまま表現されている。

プレイしてまず思ったのは、シューティング要素が強い?ゲーム開始からすぐに銃が手に入り、弾薬もいっぱいある。

銃撃戦は、本格的なシューティング。視点が切り替えられるから、「FPS」と「TPS」の2つを楽しむ事ができる。

敵はAIなのに、まるで対戦をやっているかのような戦闘。銃をバリバリ撃つ事ができるから、物凄く楽しい!

フォールアウト3とベガスでは、弾薬が貴重だったからあまり派手に使えなかったんですよね。

「フォールアウト4」プレイした感想&レビュー

結論から言うと、めちゃくちゃ楽しいゲーム!買って損はないし、ゲーマーであれば絶対にプレイしておくべきゲームだ。

フォールアウト4のようなゲームはあまりなく、これでしか体感する事ができない。

核戦争後の、荒廃した世界をひたすら探索する。クラフトでひたすら、建造物を作る!色々な敵や、モンスターを倒しまくる!

「フォールアウト4」の、遊び方は無限大です。ただマジで中毒性が高い!海外では、フォールアウト4にハマりすぎて家庭が崩壊した男性がいるそうで・・・・

これは異常だと思いますが、みなさんハマりすぎには注意しましょう(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク