身の毛もよだつ怖すぎるホラーゲーム「返校 -Detention-」台湾産のホラーにゾッとする・・・

夏と言えばやっぱホラーですよね!台風が去ってから猛暑がハンパないので、納涼したいところ。そこで夏にピッタリなホラーゲームを紹介します!台湾産の「返校 -Detention-」というゲームで、2Dのスクロールです。これがまた気味が悪いというか、身の毛もよだつというか。とにかくゾッとするホラーゲームです。

スポンサーリンク

「返校 -Detention-」とは?


「返校 -Detention-」は、戒厳令下である、1960年代台湾を題材としたホラーゲームです。

台湾の文化や神話に基づき、宗教的な要素が取り入れられています。

音や画面の変化で、恐怖を演出するのは最低限なんだとか。微妙な変化で、違和感に気づくと恐怖が襲ってくるそうです。

ちなみにゲームタイトルのDetentionは、「拘留」って意味らしいです・・・

ストーリー


1960年代の戒厳令下にある台湾。チャイムが鳴ると世界は変わり、いつもの見慣れた風景が消えていた。

雨の音に起こされたアナタは、誰もいない教室の中に1人取り残されていた。

外は暗くなっており、帰宅途中にある少女と出会う。アナタが少女を起こした事により、不気味な現象が次々に起こる。

決して思い出してはいけない、「思い出」の箱を開けてしまう事になる。

ゲームの流れ


ゲームの流れとしては、学生を操作して秘密を1つ1つ解き明かしていきます。

舞台は学校となり、教室をはじめ廊下や体育館などを探索していく事になります。

机の中や倉庫に隠された秘密を解きながら進んでいきますが、そこにはこの世の者とは思えない姿が・・・

薄暗い学校は、恐怖という言葉以外に表現しようがないです。

映画化に加え「日本語版」が発売予定

「返校 -Detention-」は、映画化が決定し、テレビドラマにもなるようです!

更に小説化に加え、PS4で日本語版が発売予定です!

現在PS4の日本語版は開発中のようで、発売日は未定となっています。

PC版はSteamで2017年1月13日に発売されているので、是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

価格もお手頃なので、ホラーゲームを探している方にはおすすめの1本です。

3Dの方がリアルなのは間違いないですが、2Dならではの怖さがあるんですよね。

Detention is a atmospheric horror game set in 1960s Taiwan under martial law. Incorporated religious elements based in Taiwanese/Chinese culture and mythology, ...

Steam購入ページ

遊戲設定在六零年代的台灣,採用架空世界、以校園為舞台的恐怖冒險遊戲。希望藉由遊戲手法來呈現台灣特有的文化,因此角色和場景構成參照台灣人所熟悉的人事物,例如腳尾飯,山間廟宇,神壇,這些台灣當地宗教習俗都會出現於遊戲中。操作上主要以點擊方式進行,讓玩家簡單上手,又以各種極富巧思的解謎關卡來考驗玩家。故事軸心圍繞在兩名少男少...

日本語の公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク