日本語ないけど予約した理由「State of Decay 2」安いしプレイ動画を見たら欲しくなった

5月22日の発売が迫る「State of Decay 2」ですが、期待も虚しく”日本語版”の発売が発表されませんでしたね。前作も日本語版が発売されなかったので、分かっていた事ですがやはり悲しい。しかし海外版でも購入する事にしました。新しく公開された動画を見たらめっちゃ面白そうだし、なんと言っても値段が安いんですよね。

スポンサーリンク

Amazonで予約解禁

Amazonで販売されている「State of Decay 2」は2種類。

パッケージ版

  • State Of Decay 2 – 通常版:価格 4,050円
  • State Of Decay 2 – Ultimate Edition:価格 7,992円

発売日は2018年5月22日の予定となっています。

最近のゲームと比べるとかなり安いですよね。

べえやんは「Ultimate Edition」を予約しました。

「Ultimate Edition」の内容

  • フルゲームへの早期アクセス(5月22日から)
  • 前作「State of Decay Year One Survival Edition」
  • パック「Independence Pack」
  • パック「Daybreak Pack」

「Ultimate Edition」の特典は上記の4つ。

”早期アクセス”はいいとして、前作の「State of Decay Year One Survival Edition」も付いてくるのはありがたいですよね。

Amazon特典もある

更にAmazonの限定特典となる「Survivor’s Pack」も付いてきます。

「Survivor’s Pack」

  • 近接武器「Zed Swatter」
  • ビークル「Vagabond」
  • サバイバルアイテム
  • アビリティー

通常版には記載がないので「Ultimate Edition」にしか付属していないかもしれません

昔は海外版で遊ぶ事が多かった

「Xbox 360」の時は海外版で遊んでいる人が多くて、べえやんも躊躇なく海外版を買っていました。

海外版で遊んでいた理由は「規制」と「DLC」です。

日本語で発売される洋ゲーは当時、ほぼ確実と言っていいほど「規制」が入っていました。

規制が入るのは”ゴア表現”ですが、人体の部位欠損とかヘッドショットで頭が吹っ飛ぶとか。「Gears of War」とか「GTA」とかで表現がソフトになってたりしました。

DLCについては海外でしか配信されないパターンがあって、初代「ボーダーランズ」がそうでした。

海外版を買わないとDLCが遊べなかったので、後々買い直しました。またボーダーランズも規制が入っていました。

当時はとにかく表現規制が入るソフトが多かったので、海外版を買う事が多かったんです。

あと海外版でしか手に入らない特典を目当てに購入する事もありました。

なので昔の事を今考えると、英語しかなくても普通に楽しむ事は出来るんですよね。

今プレイしてる「7 Days to Die」も英語

先日紹介した「7 Days to Die」にドハマリ中ですが、このゲームも日本語がなく言語と音声は全て英語です。

ストーリーがないから日本語がなくても大丈夫な気もしますが、このゲームは「クラフト要素」がすごくてとにかく作成出来るアイテムが多いんです。

久しぶりに言語が英語のみの海外版で遊びましたが、数時間プレイすれば英語には慣れます

もちろん「翻訳」と「攻略サイト」が必須ですが、少しずつ覚えていくので、結果日本語がなくても問題なく遊ぶ事ができてるんですよね。

なので「State of Decay 2」も同様に、数時間プレイすれば英語に慣れると思います。

今回レビューするのは前々から気になっていた、ゾンビサバイバルゲームの「7 Days to Die」です。最近クラフトゲームにハマっ...

「プレイ動画」で購入を決断

発売日が近づくにつれ、多くの動画がアップされています。


どの動画も「State of Decay 2」の魅力が収録されていますが、特に魅力的だったのがこの動画です。


車での「定常円旋回」。ビークルが移動手段だけでなく、こういった遊び方もあるのが素晴らしいです。

あとはTPSの視点ですね。


デカいゾンビをスナイパーライフルで。


このゾンビは撃つと爆発して周囲にダメージを与えるみたいです。

とにかくTPSの視点が素晴らしいです。

日本語版が発売されないので動画を見ていませんでしたが、いざ見てみるとやはり魅力的でした。

「State of Decay 2」はこんなゲーム

  • ジャンルは、オープンワールド、アドベンチャー、TPS、RPG
  • 荒廃した世界でのサバイバル
  • コミュニティ(生存者を集めて拠点を作ったり)
  • クラフト要素
  • 最大4人での協力プレイ

「State of Decay 2」は、荒廃した世界でゾンビを倒しながら生き延びるサバイバルで、ゾンビゲームに欲しい要素がたくさん詰まったゲームです。

広大なマップでの探索やフレンドとの協力プレイ。またコミュニティーを発展させ拠点を強化し、クラフトでアイテムを作って農場などで食料を蓄える。

これだけでもゾンビ好きには、たまらないゲーム内容だと思います。

「State of Decay 2」の発売日は、2018年5月22日

価格もかなり安いので、言語が英語でも気にならない方は是非購入してプレイしてみてください。

ゾンビ世界での楽しいサバイバルが待っていますよ。

今回ご紹介するのは、無料スマホゲームの「DEAD RIVALS:ゾンビ MMO」です。今までありそうでなかったゾンビ×MMOですが...
スポンサーリンク