面白い?『State of Decay 2』”レビュー”新作ゾンビサバイバル

遂に発売されたゾンビファン待望の『State of Decay 2』。日本語が収録されていないので、最初買うか迷いましたが安かったので購入してみました。ゲームとしては面白いんですが、とにかく英語が分からない。翻訳しながらプレイしているので良い点や悪い点など、簡単にレビューしていきたいと思います。

5月22日の発売が迫る「State of Decay 2」ですが、期待も虚しく”日本語版”の発売が発表されませんでしたね。前作も日...
スポンサーリンク

『State of Decay 2』概要

  • 販売:マイクロソフト・スタジオ
  • 開発:Undead Labs
  • 発売日:2018年5月22日
  • 価格:通常版4,610円、 Ultimate Edition7,992円(Amazon価格)
  • ジャンル:サバイバル
  • プレイ人数:1~4人(オンライン2~4人)

Amazonにて『State Of Decay 2 – Ultimate Edition』を購入。配送が少し遅れて5月25日に届きました。

日本語字幕や日本語音声の収録はなく言語は英語のみとなってます。

「ギアーズ・オブ・ウォー4」の時みたいに、日本語字幕に期待したんですがやはり収録されていませんでした。

キャラクターの選択

ゲームを開始するとまずはキャラクターの選択となります。

キャラクターは2人一組となっており、各キャラクターにそれぞれ異なるスキルが用意されています。


Bastian & Brayden
「シューティング」と「ファイティング」の星が多いので、戦闘に長けている2人ですね。右のBraydenがウォーキング・デッドのユージーンにそっくりです(笑)


Rocio & Alexa
「Cardio」が2人とも付いていますが、走る事が得意なようです。Alexaの方は「Chemistry 科学」に星が3つあるので、薬品や爆薬などを作成出来るのかもしれません。


Kote & Daisy
Koteは「ファイティング」に星4つ。Daisyは「Cardio」に星5つなので、相当スタミナがある感じですね。


Nia & Stephen
Niaの「Wits」は機転という意味だそうですが、どんな効果を発揮するのか。またStephenは「Mechanics」が星4なので、車や機械などの修理が速くできそうです。

現時点で使えるキャラクターはこんな感じです。後日スキルの詳細が分かり次第まとめようと思います。

早速プレイ


最初は軍の避難所のような場所からスタート。柵の外にはゾンビがウヨウヨしています。


会話が英語なので全くストーリーが分かりませんが、他の生存者が見当たらないので既に逃げてしまったかゾンビになってしまったか。

そしてゾンビの襲撃によりヤバくなってきたので、ココから逃げようって感じですかね。


避難所を探索しながら進みます。


そして道中出会ったのがコイツ。大声で叫んでゾンビを呼び寄せるので、かなりウザい存在です。


屋内に入るとハンドガンを入手。視点がけっこういい感じで、エイムも安定しています。


再び外に出て置いてある車に乗って脱出。チュートリアル+プロローグ的な感じです。

翻訳が必須

単語なら理解しやすいんですが、会話やミッション内容は翻訳しないと分かりません。

翻訳も完璧ではなく更に自分で読み解く必要もあるので、翻訳→進める→翻訳→進めるの繰り返しです。


でプロローグが終わったら「マルチプレイ」の設定となります。

左からオフライン、プライベート、フレンドのみ、となっています。


そしてミッション。拠点となる家を探しに行きます。


そう遠くはない場所に家を発見し、周囲を探索します。

この時ゾンビもいるので、全て倒す必要があります。


これが拠点となる「ベース」のメニューです。

序盤はこれだけ見ても意味不明ですが、ミッションにチュートリアルが含まれているので進めていけば少しずつ分かるようになります。


こちらがマップ。ミッションがある所にはマークが付いています。

目標が分からずに迷ってしまったら、マップを見て違うマークの場所に行ってみるのもいいかもしれません。

キャラクターの管理

State of Decay 2では決まった1人のキャラクターを操作するわけではなく、コミュニティーに参加している数人のキャラクターを操作する事になります

キャラクターにはそれぞれ得意な事があるので、それぞれの場面にあった切り替えが必要です。

例えばゾンビが大量にいる場所では「戦闘に長けている」キャラクターを使う。

また建築や作成をする場面では、クラフトが得意なキャラクターを使えば効率よくゲームを進める事が可能です。

キャラクターのステータス

そしてキャラクターのステータスも気にしながら、切り替える必要もあるんです。


例えばこのキャラクターの左下に表示されている体力ゲージを見ると、「Zzz」のマークがあります。

これは「睡眠」が必要という知らせで、眠らせないと体力ゲージが復活しないんです。


眠らせる事で任意の、別の違うキャラクターに切り替える事ができます。


また負傷しているキャラクターは「医療棟」で治療する必要があります。ベースの施設は、ミッションを進める事で開放されていきます。


単なる怪我であれば回復が安易ですが、もし感染していると「治療薬」が必要になります。

こういった感じで複数のキャラクターを操作、管理する必要があるので他のゾンビゲームよりもやる事が多く、これが遊びの幅を広げる要素となっています。

バグや不具合について

まだ2~3時間ほどしか遊んでいませんが、気になるバグや進行が不可能になる不具合はありませんでした

ただ頻繁に起こるのはゾンビが急に出現する事です。室内、屋外問わず、さっきまでいなかった場所に瞬時にゾンビが湧くんですよ。

Amazonのレビューなどではバグが酷いという声が多いので、もう少し進めたら致命的な不具合やバグが出るかもしれません。

ゾンビゲームが好きなら本当にオススメ

ゾンビゲームが好きで、英語が得意な人はやるべきゲームです。

もちろんバグやグラフィックの粗さなど気になる点もあり未完成な気もしますが、それが気にならないぐらい面白いゲームです。

一般的なゾンビから特殊なゾンビまで、色んな種類のゾンビがいるので戦闘していて飽きる事もないと思います。

英語が苦手なら難しいかも

『State of Decay 2』はゾンビを銃やナタで倒す”アクションゲーム”のイメージが強いですが、ゲーム内では生存者同士の会話や駆け引きが多いんです

英語が分からなくても翻訳さえしてしまえばゲームを進める事ができますが、ストーリーや会話をしっかりと理解する事が難しいかもしれません。

英語が分からなくてもやりたい!って人は、実況動画やAmazonのレビューなどを参考にしてみるといいかもしれません。

オススメの翻訳は「Infoseekマルチ翻訳」

ネットで翻訳と言えば「Google」や「エキサイト」に、「Weblio」が無料で使えるし定番です。

ですが、いざ翻訳してみると訳の分からない日本語に翻訳される事が多いんですよね。

人によって好みや使いやすさが変わると思いますが、オススメなのが楽天の「Infoseekマルチ翻訳」です。

今までこの翻訳を使った事がなく、「State of Decay 2」に使えるいい翻訳がないか探していたところたまたま見つけたんです。2006年からサービスが開始されていたみたいです。

上記でも紹介した翻訳サイトと比較してみたら、『Infoseekマルチ翻訳』が一番分かりやすく翻訳してくれました

有料のソフトに比べるとやはり質が落ちるかもしれませんが、「Infoseekマルチ翻訳」は無料なので是非使ってみてください。

テキストやウェブページを翻訳する無料オンラインサービスです。日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語を相互に翻訳することができます。

まとめ

今回『State of Decay 2』をレビューしてみましたが、ゾンビサバイバルとしての面白さや、TPSの安定した面白さを体感する事ができるゲームだと思いました。

特に目立つような悪い点はなく、ゾンビゲームやTPSが好きな人なら、問題なく楽しめるゲームです。

おすすめポイント

  • オープンワールドでの探索
  • 最大4人での協力プレイ
  • 空腹や睡眠などのリアルなサバイバルシステム
  • 安定したTPS
  • 異なる能力に特化した色んなキャラが使える

そしてゾンビゲームとしの面白さを点数に例えるなら、100点満点中”90”点ぐらい。残りの10点は日本語がないからです。

英語は翻訳さえしてしまえば問題ないですが、この翻訳にめちゃくちゃ時間が取られちゃんうですよ。ただ1~2時間でシステムやメニューに慣れてくるので、中盤あたりからは翻訳に頼らずミッションを進める事が出来るかもしれません。

ただストーリーが分からなくてもサバイバルの楽しさを体感する事が出来るので、ゾンビゲームが好きな人には是非プレイしてみてほしいです。

オープンワールドをフレンドと一緒に探索したり、ゾンビの大群に挑んだり。

またしっかりした建築要素はないものの、ある程度拠点を強化する事が出来るのでクラフトも楽しむ事ができます。

今回レビューするのは前々から気になっていた、ゾンビサバイバルゲームの「7 Days to Die」です。最近クラフトゲームにハマっ...
スポンサーリンク

コメント

  1. IV9 Tk より:

    貴重なHPです。応援しています。自分もLive9年目です。昨今の状況は大変悲しいですが、何故かMSの精神が好きです。アダプテックコントローラーを作る辺り。後方互換然り。海外ショップの扱い然り。実はIpv6に本体が対応していること然り(これは是非やって下さい。通信が条件合えば10倍です。Tkはau光 so-net 有線距離20mで上り700m下り200mを本体で確認)sonyも悪く無いですが、後方互換なく何回も過去資産を買わせる姿勢がNG。今回もZoEの姿勢が・・・・・自分もこんな情報発信していけば、Oneに貢献できますかね。本当にありがとうございます。今後もよろしくです。

    • べえやん より:

      IV9 Tk さんコメントありがとうございます(^^)恐縮です。

      近年、日本では勢いのないMSですが何故か不思議な魅力があるんですよね。海外のように盛り上がってくれれば嬉しいんですけどね(泣)
      でも自分がXboxで楽しめているならそれはそれで良いと思いますね(^^)

      Ipv6は今度試してみようと思います(^^)IV9 Tk さんも貴重な情報をありがとうございました♪